04«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»06

マンミラ堂-MJとWuauquikuna、ときどきナダルの日々-

カテゴリから記事一覧が表示されるようになりました。


スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

category: スポンサー広告

コメント: --   トラックバック: --   PageTopへ

ウアウキクーナ・ライブ~ボリビアナンバーをカバー 

前記事でボリビアナンバーについて取り上げたら、奇遇にもウアウキクーナがライブでカバーしている最新映像が入ってきました
後ろに絵葉書のような塔が見えますが、おそらくサンクトペテルブルクと思われます。

曲は、カラマルカの「He Vinedo」と「Llamerada」です。

かの有名な「泣きながら」に代表されるように、ボリビアはボリビアで独特のリズムをもっていて、特にティンクでは激しいリズムと少しハスッパ(スカートがめくれたって平気よ?的)な踊りがセットになっています。

エクアドルは南米で最もきれいなスペイン語が話されるというだけあってかどうかは分かりませんが、「He Vinedo」はウアウキクーナが演奏すると本家のそういった埃っぽさが薄まり若干しっとりとした印象を受けます。




次の「Llamerada」はラマ飼いの人々を意味するスペイン語。

もともとボリビアには「Llamerada」という踊りのジャンルがあり、それを踏まえてコンテンポライズしたカラマルカの1曲です。
早口の歌詞はさすがのネストールも大変そうw

この曲については、フォルクローレ演奏グルーポ~アルコイリス~さんがリャメラーダ に詳しく解説してくださっています。




伝統的なインディヘナの数は南米一というボリビア。フォルクローレ発祥の地と言うだけあって、エネルギーに満ち溢れてる!


(by マンミラ堂店主)



web拍手 by FC2

category: ■ ウアウキクーナ CD・ライブ情報

thread: 男性アーティスト - janre: 音楽

tag: Wuauquikuna  エクアドル  ネイティブ・アメリカン 

ウアウキクーナのレコーディング風景(2) 

NHKの「アナザーストーリーズ」はいかがでしたか?
まさか、マイケルにバックスライド(ムーンウォーク)を教えた当の本人がインタビューに答えるとは思わなかった。

彼の名はクーリー・ジャクソン。マイケルより少し年下だけれどほとんど同世代。

自分たちが教えたステップが世界に広まったことはうれしかったと素直に語る一方で、ちゃんと契約書を交わしておけばよかったと少し納得のいかない気持ちも語るクーリー。

この件については、「マイケル、1000ドルぽっきりかい?」と常々思っていたので今夜も共感してしまった。(苦笑)

振付師のパターソンのようにバックダンサーなどで一緒に仕事ができればよかったのだろうけど、これも出会いのタイミングだったのかな~。


感想が長くなりましたが、今日の本題はこちら。
existenceスタジオのポールさんがアップしたエンリケ兄さんとホルヘの音出し風景です。

たった12秒ですが、臨場感が伝わってきます。

At Existence Studios today with Wuauquikuna Native Inka Brothers are warming up their beautiful instruments . I will have to join them on my Armenian duduk and some synthesizers :)

Posted by Paul Kwitek on 2015年5月26日



そして今年の路上ライブは、エンリケ兄とネストール、ハリネズミさん(友人)で組んで行なっている模様。
いくつか動画が入ってきていますのでどうぞ!

タイトルは「Maldito licor」 ドラえもんの挿入歌みたいな暢気な響きが可愛い一曲です。



(by マンミラ堂店主)



web拍手 by FC2

category: ■ ウアウキクーナ CD・ライブ情報

thread: 男性アーティスト - janre: 音楽

tag: Wuauquikuna  エクアドル  ネイティブ・アメリカン 

ウアウキクーナのレコーディング風景 

ウアウキクーナが、2016年にニューアルバムのリリースを予定しています

現在レコーディングに入っているようで、今年はストリートライブ以上に忙しい年となりそうです。

YouTubeに彼ら本人のチャンネルが設置されまして、さっそくこのレコーディング風景がアップされています。
場所はポーランドのスタジオ「existence」で、手前がエンリケ兄さん、奥がホルヘで、キーボードはスタジオの方です。
すっきりとしたきれいなスタジオですね。

まだイメージを固めている段階と思われますが、次回作はこれまでと違ったインストゥルメンタルになるとのことです。






 ~YouTubeに添付されたウアウキクーナからのメッセージ~

Dear Sisters and Brothers , We have began creating and preparing a bran new album which will be a collection of original pieces of music . above is a short video from the studio while we write and come up with ideas and new melodies with our friend Paul Kwitek. We will begin recording in the fall of 2015 and hope to have the new album ready by 2016. Thank you for your love.

親愛なるシスター&ブラザー(←なんかマイケルっぽくていいね^^)、僕たちは全編オリジナル作となるニューアルバムの制作に取り掛かりました。上の映像は、友人のポールとアイディアを出して新しい旋律を考えているところです。2015年の秋にはレコーディングを開始し、2016年までに形にしたいと思っています。みんなの応援、ありがとう。


2015recording1.jpg2015recording2.jpg
2015recording3.jpg

映像を見る限り、New Ageのような曲想になるのでしょうか?
秋には5人全員が揃うことを願っています(*^^)v



(by マンミラ堂店主)




web拍手 by FC2

category: ■ ウアウキクーナ CD・ライブ情報

thread: 男性アーティスト - janre: 音楽

tag: Wuauquikuna  エクアドル  ネイティブ・アメリカン 

ウアウキクーナのアルバムがネットで買えるようになりました(最新版) 

※2016年2月10日現在、WuauquikunaのCDは一部のみの販売となっていましたが、兄二人のバンドとして再開しました。
※記事は、当初の内容(これまでのいきさつなど)をそのまま掲載しています。



ウアウキクーナファンの皆さん、朗報です!
「bandcamp.com」という専門サイトでウアウキクーナの楽曲(デジタルのみ)が購入できるようになりました!

Wuauquikuna_bandcamp1.jpg


実はちょうど1年ほど前、ホルヘにCDとDVDの購入について問い合わせたことがありました。
しばらくして「Dear Friend」とラテンのノリで返事が来まして、「日本でも僕たちの曲を聴いてくれているなんて知らなかった。とてもうれしい。」という言葉とともに、CDは空輸で発送可能ということでした。

しかし、サンクトペテルブルクでの音楽活動(ツアー)と時期がダブってしまったこと、愛娘ナイラちゃんの最初の心臓手術が控えていたことなどでそのままになっていました。

また、ネットで世界中と繋がれる時代になっても、銀行からの海外送金というのは相変わらず大変なので他にいい方法があればなぁと思いながら過ごしてきました。

フォルクローレ専門店にも問い合わせはしてみたのですよ。
結局ダメだったのですが、大阪にある「マチュピチュ」さんは1枚目と2枚目のCDが廃盤になっていることや、そのほかの作品の換算価格まで調べてくださり、入荷可能になったらご連絡しますと、大変丁寧にお返事をくださいました。

そういう経緯があったので、今回の発表は予想だにせず、とてもうれしい知らせとなりました。

早速、7枚あるアルバムの中から最新盤を購入してみましたので手順を記しておきます。
(なお、楽曲はデジタルコンテンツのため、支払方法はクレジットカードのみとなっています。)


1.サイトにアクセスし、希望のアルバムをクリック
https://wuauquikuna.bandcamp.com/
このサイトは、独立して音楽活動をしているミュージシャンを支援する趣旨のものです。




2.デジタルアルバムで購入する場合→11.99ドル
   (価格は変更される場合がありますのでご確認ください。)
  CDで購入する場合→18ドル+送料17ドル
   (送料が高すぎてCDでの購入は諦めた私(/_;))
  1曲ずつ購入する場合→1ドル

Wuauquikuna_bandcamp7_201505262033037b1.jpg




3.注文確認画面
設定されている価格を入力、もしくはもっと払いたい場合は希望の価格を入れられます。
通貨を選択すると日本円でも表示されます。※レートは日によって変わります。

「Include a message」をクリックするとウアウキクーナにメッセージが送れます。
書いてあげるととても喜んでくれると思います。

Wuauquikuna_bandcamp2_20150610201602b8f.jpg 

こんな感じで書きました。
Wuauquikuna_bandcamp3_20150610202005df7.jpg 

メール通知にもチェックを入れます。

会計に進む場合は左側グリーンのボタンをクリック。まだお買物を続ける場合は右側のブルーのボタンをクリック。




4.お会計画面
ちゃんと日本語で表示されるのでご安心を。
以前にもご紹介したPayPalでの支払いとなります。PayPalに未登録の場合は、ここで登録できます。

Wuauquikuna_bandcamp4.jpg



5.支払完了→楽曲のDL または CDが届くのを待つ
すぐに支払完了となるので、希望のフォーマットでパソコン等に保存する。

フォーマットには・・・
MP3(V0)、MP3(320) 、AAC、FLAC、ALACがあります。
『Wuauquikuna8』から、CDにそのまま焼けるWAVも追加されました!
(詳細はアルバム『Wuauquikuna8』が購入可能になりました。

どんな機種でも再生できるMP3(320) がおすすめですが、サイズを小さくしたい場合はMP3(V0)。
WAVEに変換して、コンポで聴きたい場合や高音質で聴きたい場合はFLACがおすすめ。
(英語ですが、サイトのQ&Aページはコチラ
(参考になったサイト:「FLACファイル」って何ですか?
(WAVE変換のフリーソフト:DARU/SOUND-DECODER!

せっかくなので、MP3(VBR)、MP3(320) 、AAC、FLACでそれぞれ保存する。

Wuauquikuna_bandcamp5.jpg

保存したフォルダを開き、ダブルクリックすると解凍される。
じゃんじゃん聴く♪♪♪



一連の流れは以上です。
全曲試聴もできるので、今まで分からなかった曲名も分かります!ぜひ遊びに出かけてみてくださいネ。

今後、世界各地を回るツアーを計画しているウアウキクーナ。
いつかウアウキクーナが来日したら、みんなで会いに行きたいです。

(by ウキウキクーナなマンミラ堂店主)
web拍手 by FC2

category: ■ ウアウキクーナ CD・ライブ情報

thread: 男性アーティスト - janre: 音楽

tag: Wuauquikuna  エクアドル  ネイティブ・アメリカン 

ウアウキクーナのCD購入について(変更がありました) 

先ほど、ウアウキクーナのサイトへ行きましたところ、CDの価格と販売方法が変更になっておりました。
すでに購入された方がいらっしゃいましたら、本当に申し訳ありません。
かくいう私も、なんですが、主な変更点は

(1)一括購入について、デジタルだけでなくCDの形態(3日後発送・送料別途)が追加された。
(2)それに伴い、価格がデジタルが18ドル→11.99ドルに値下げされ、CDが18ドルになっている。
Wuauquikuna_bandcamp7.jpg


サイトのオープンに際して、いろいろと調整がなされていたようですが、私がフライングしてしまった形です。
ポチっとしたら購入できてしまったもので、もうOKなのだと勘違いしてしまいました。

そのような訳で、前回の記事は一時削除しております。

購入を希望の方は、リンクの「ウアウキクーナCD(試聴・購入)」かこちらhttps://wuauquikuna.bandcamp.com/からお願いいたします。
基本的な購入方法と、1曲単位での購入には変更はございません。

これ以降も、万が一アナウンスなしで変更があるといけませんので、ご購入の際はよくご確認いただきますようお願いいたします。

なお、購入後に確認のメールが届きますが、宛先が「Monika Salazar Inga」となっている場合、これはウアウキクーナのご家族(ホルヘの奥様)のものですのでその点はご安心ください。

今後もウアウキクーナを応援していきたいと思っておりますので、何卒ご理解いただけましたら幸いです。

(by マンミラ堂店主)



web拍手 by FC2

category: ■ ウアウキクーナ CD・ライブ情報

thread: 男性アーティスト - janre: 音楽

tag: Wuauquikuna  エクアドル  ネイティブ・アメリカン 

ウアウキクーナ、2015年のライブ始まる! 

ついに始動しました、ウアウキクーナの2015ライブ。
例年どおり、サンクトペテルブルクの公園です。

ホルヘは昨年から別の仲間と組んでライブ活動をしており、なかなか兄弟揃っての演奏が聴けないのがちょこっと寂しくもありますが、元気な姿を見ることができてうれしいです。

ただ、愛娘のナイラちゃんがまた病院に入ってしまったようで、親子離れての生活はつらいことと思います。
映像を見ると、表情から何となくそういったことが感じられて心配になりますが、キレのある踊りと一生懸命さはいつもどおりのホルヘです。

今回の曲は「Dance Of The Iron Horse」です。
Iron Horseというのは、もともとは19世紀初頭の英国で発明された蒸気機関車の文学的表現でしたが、後に北米でも「汽車」を意味する俗語として定着しました。

映画『ジェロニモ』(1993年/米)にもネイティブ・アメリカンたちが走ってくる汽車を指してそう呼んでいる場面が出てきます。
「鉄の馬」とはうまい表現ですが、アメリカにおいてはネイティブ・アメリカンと白人との幾たびに及ぶ抗争の歴史をも物語る言葉なのです。

ところでこの「鉄の馬」、海の向こうの話だけかと思いきや、小樽市総合博物館にもアメリカから輸入された1909年製「アイアンホース号」がデモンストレーションで運航しているのですね。
ironhorse.jpg
(画像ソース:汽車・電車1971~さん

ホルヘ達が演奏するこの曲も、機関車がシュシュシュシュと煙をあげて、当時としては驚くようなスピードで走ってくる様が目に浮かぶようなナンバーとなっています。

現在のところ、曲の作者や背景について詳しいことは分かっておりません。映画のサントラなどあたってみたのですが、ごめんなさい(^_^;)
そして、ホルヘがんばって!私たちがついていますよ


https://youtu.be/txpxSDHGZEQ


(by マンミラ堂店主)


web拍手 by FC2

category: ■ ウアウキクーナ CD・ライブ情報

thread: 男性アーティスト - janre: 音楽

tag: Wuauquikuna  エクアドル  ネイティブ・アメリカン 

Profile

Category

新着記事

月別アーカイブ

最新コメント

RSS

Visitor

My Favorits

Questionnaire

Ranking

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。