05«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

マンミラ堂-MJとWuauquikuna、ときどきナダルの日々-

カテゴリから記事一覧が表示されるようになりました。


'Chicag' について~シナトラの'Chicago'とマイケル~ 

「Chcago」と検索してここにいらっしゃる方が意外と多いことから、今回はこの曲について触れてみたいと思います。

「Chcago」といえば、今回のマイケルの「Chicago」よりよく知られた別曲があります。
1922年にフレッド・フィッシャーが作曲したジャズの名曲で、フランク・シナトラをはじめ多くの歌手がレコーディングしている曲。
南部の黒人がシカゴに移ってきたことでこの地にもジャズが根付き、主に白人のプレイヤーの演奏による「シカゴジャズ」が花開いたのが1920年代でした。



~Lyrics~
Chicago, Chicago, that toddling town
Chicago, Chicago, I'll show you around, I love it
Bet your bottom dollar, you'll lose the blues in Chicago
Chicago, the town that Billy Sunday couldn't shut down
シカゴ、シカゴ、千鳥足の町
シカゴ、シカゴ、愛する街を君に見せよう
間違いなくシカゴブルースのとりこさ
シカゴ、ビリー・サンデー(※禁酒法成立に一役買った伝道師)も止められなかった町

On State Street, that great street, I just want to say
They do things that they don't do on Broadway
They have the time, the time of their life
I saw a man, he danced with his wife in Chicago
Chicago, my home town
偉大なるステート·ストリートよ、私は言いたい
ブロードウェイではできないことがここではできる
自分らしい人生を生きる時間がある
シカゴで彼の妻と踊る男を見たよ
シカゴ、私の故郷

(以下くりかえし)

自由できらびやかな町シカゴ。
" he danced with his wife in Chicago"と、わざわざ in Chicago をつける辺り、本当に妻なの?と思わないでもないです。
マイケルの'Chicago'を聴いてしまった以上は!!
往年の大歌手の持ち歌と同じタイトルで歌うというのは、やはり少なからずそのイメージを土台としているのではないでしょうか。

マイケルの'Chicago'は、人妻と知らず恋をする男の気まずく哀しい物語。シカゴへ向かう汽車の中で出会った二人。彼は大都市を前に痛い洗礼を受ける地方出身の青年だろうか?

CDのライナーノーツによると、マイケルはこの曲をいたく気に入り、レコーディング先のN.Y.に飛んで行ったといいます。
シカゴの町が持つ物語性にマイケルは惹かれたとともに、おそらくそこに永遠の人ダイアナ・ロスと自分の関係性を見出していたのではないでしょうか。

映画「アンタッチャブル」に代表されるマフィアの町でもあったシカゴは、フィルム・ノワールが大好きだったマイケルにはたまらない舞台設定だったに違いありません。
フランク・シナトラとも面識のあったマイケルならなおさらのことでしょう。




関連記事
スポンサーサイト
web拍手 by FC2

category: ■ Michael Jackson マイケルの楽曲・SF

thread: 音楽的ひとりごと - janre: 音楽

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://manmirado.blog.fc2.com/tb.php/71-68f70ad1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

Profile

Category

新着記事

月別アーカイブ

最新コメント

RSS

Visitor

My Favorits

Questionnaire

Ranking