07«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

マンミラ堂-MJとWuauquikuna、ときどきナダルの日々-

カテゴリから記事一覧が表示されるようになりました。


スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

category: スポンサー広告

コメント: --   トラックバック: --   PageTopへ

マイケルとの出会い~We Are The World 

以前チラッと予告したマイケルとの出会いについて。

『スリラー』が出て、マイケルの名前は日本の子どもにも知れることとなった80年代。
私も当時まだほんの子どもでした。

今にして見れば、ブラック・コンテンポラリーの枠を遥かに超えてしまった『スリラー』によって、マイケルの人生も輝かしい功績とは裏腹の部分を抱えることになっていった訳ですが、当時の子どもにそこまで分かるはずもありませんでした。

加えて我が家はクラシックと60年代の洋楽好きな両親の、とても厳格な家でした。
マイケルの偉業ともゴシップともほぼ無縁、学校でたまに「マイケルは変人」と耳にする程度でした。

しかし、15歳でマイケルファンになる数年前からその伏線はあったように思います。
当時「愛は勝つ」で一世を風靡していたKANさんのラジオ番組“45RPM”を毎週楽しみに聴いていた私。
(ハガキにKANさんの似顔絵を描いて送ったりもしたけれど、一度も読まれることはなかったなあ(-。-)y-゜゜゜)

その番組の中で、KANさんがたびたびマイケルのライブを話題にされることがありました。
「マイケルは歌がめちゃくちゃ上手い!」
「後楽園球場で4万人動員ですよ?僕のライブは何人になるんだろう(悲壮感)」等々。

実は、KANさんが第一に敬愛していたのはビリー・ジョエルだったので私の興味もどちらかというとそちらにありましたが、それでも潜在意識の中にマイケルは確実にインプットされたのでした。


その後しばらくして、なんと学校の英語の教科書でビート・イットを熱唱するマイケル様の写真とご対面。
え~!マイケルが教科書に出てる~!と内心びっくり。
その題材がWe Are The Worldだったのです。
今ではスタンダードなコンテンツのようですが、当時はとても珍しかったんですよね。

ただサラッと訳して終わればマイケルとの出会いも“袖触れ合う”程度のものだったのでしょう。
けれど、若手の英語先生は視聴覚室を予約してビデオを見せてくれ、さらには皆で合唱したのでした。
「エゴを捨てろ」というスローガンなんかは、実際の映像を見ないとどう訳していいのか想像がつかなかったし、あの時覚えた歌詞はいまだ忘れず。一見に如かずとはこういうことかと。



最初のうちは、粋にマフラーを首にかけて得意げにピアノをつま弾くビリー・ジョエル師に目がいっていましたが、次第にマイケルを追うように…。
先輩の大物歌手たちに気を遣って一生懸命なマイケル、プリンスが歌うはずだったフレーズを絶妙なビブラートで歌うマイケル、変人で遠い異国の人とはとても思えませんでした。ごく普通の物静かな青年に見えました。

楽曲の良さも相まって、家でもビデオを買って家族で何度も何度も鑑賞。
出番は少ないのに、もうすっかりマイケルフィーバーですよ。

そんな折、今度はなんとNHK-BSでマイケルのブカレストでのライブを放送するというではあーりませんか!
何年か前にラジオでKANさんが言っていた意味がよぉ~く分かりました。
観客のツボを押さえた構成といい、ダンスのすさまじさといい、曲の良さといい、これぞ本当の「お・も・て・な・し」ww

これ以後、私の生活はバカの一つ覚えのようにマイケル一色になっていくのでした。
と書くと単なる熱狂バカみたいですが、マイケルの存在に多分に助けられていくのでもありました。

神様は、その人が本当にその人が必要としている時にいい出会いをくれるものなのだとつくづく感じます。
だから、ファンの集まりなどに行くと、みんなはマイケルとどうやって出会ったのか興味津々で聞いてしまうのです。

(by マンミラ堂店主)
関連記事
スポンサーサイト
web拍手 by FC2

category: ■ Michael Jackson マイケルと私

thread: 男性アーティスト - janre: 音楽

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://manmirado.blog.fc2.com/tb.php/7-bc46e824
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

Profile

Category

新着記事

月別アーカイブ

最新コメント

RSS

Visitor

My Favorits

Questionnaire

Ranking

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。