05«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

マンミラ堂-MJとWuauquikuna、ときどきナダルの日々-

カテゴリから記事一覧が表示されるようになりました。


マイケルに詩を捧げたマヤ・アンジェロウさん死去 

2009年7月7日、マイケルの追悼式で詩を捧げてくれたマヤ・アンジェロウさんが亡くなったとのこと。

以下、GQ の記事から引用*********

1969年上梓の自伝『歌え、翔べない鳥たちよ』で知られる黒人女性作家・詩人のマヤ・アンジェロウが死去した。享年86歳。

アンジェロウは1928年にミズーリ州で生まれた。出生時の名前はマルグリット・アン・ジョンソン。当時、黒人差別の根強い南部では、黒人が公共施設を利用することを禁じるジム・クロウ法を制定する州が多く、ミズーリもそんな州の一つだった。隔離された黒人だけの社会で育ったマルグリットは、母親の恋人による性的虐待など、苛酷な少女時代を過ごす。若くして未婚の母となり、コックやダンサーとして働きながら子供を育て、30代にさしかかったときにマヤ・アンジェロウ名義で文筆活動を始める。そして黒人の地位向上を目指す運動に身を投じ、マーティン・ルーサー・キング・ジュニア(キング牧師)らとともに公民権運動の担い手として精力的に活動した。

*********引用終*********

追悼式では、歌手のクイーン・ラティファが壇上に立ち、彼女の詩を代読しました。ラティファは、Jackson5の頃からマイケルが大好きだったと「ダンシング・マシーン」の振りをまねて、悲しみにくれる会場を和ませてくれました。そして、悲しみをこらえながらアンジェロウの詩を力強く読み上げました。


Beloveds, now we know that we know nothing
Now that our bright and shining star can slip away from our fingertips like a puff of summer wind
Without notice, our dear love can escape our doting embrace
Sing our songs among the stars and walk our dances across the face of the moon
In the instant we learn that Michael is gone we know nothing
No clocks can tell our time and no oceans can rush our tides
With the abrupt absence of our treasure
Though we our many, each of us is achingly alone
Piercingly alone
Only when we confess our confusion can we remember that he was a gift to us and we did have him
He came to us from the Creator, trailing creativity in abundance
Despite the anguish of life he was sheathed in mother love and family love and survived and did not more than that
He thrived with passion and compassion, humor and style
We had him
Whether we knew who he was or did not know, he was our’s and we were his
We had him
Beautiful, delighting our eyes
He raked his hat slant over his brow and took a pose on his toes for all of us and we laughed and stomped our feet for him
We were enchanted with his passion because he held nothing
He gave us all he had been given
Today in Tokyo, beneath the Eiffel Tower, in Ghana’s Blackstar Square, in Johannesburg, in Pittsburgh, in Birmingham, Alabama and Birmingham England, we are missing Michael Jackson
But we do know that we had him
And we are the world.

※いずれ和訳を載せます。
ソース:MJVIBE

2010年になってアンジェロウ本人が読み上げた映像がこちら


追悼式は生中継を見ましたが、マイケルの名誉を挽回すべく力強いスピーチの数々でした。時差の関係で日本では真夜中から朝にかけての放送、しかも平日とあって、その週はドリンク剤を飲んで頑張った記憶があります。
追悼式の詳細を知りたい方は、ブログ踊る大香港さんでどうぞ。
関連記事
スポンサーサイト
web拍手 by FC2

category: ■ Michael Jackson マイケル誕生日と命日

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://manmirado.blog.fc2.com/tb.php/68-5a773677
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

Profile

Category

新着記事

月別アーカイブ

最新コメント

RSS

Visitor

My Favorits

Questionnaire

Ranking