07«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

マンミラ堂-MJとWuauquikuna、ときどきナダルの日々-

カテゴリから記事一覧が表示されるようになりました。


スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

category: スポンサー広告

コメント: --   トラックバック: --   PageTopへ

マイケル 新作『XSCAPE』発売決定!… はてさて 

ということのようです。
オール未発表曲で構成され、日本盤は5月14日リリース予定とのこと。

ソニーミュージック・ニュースリリースによると↓
web拍手 by FC2
*********************
2010年の『MICHAEL』に続く3年半振りの “ニュー・アルバム“、 『XSCAPE(エクスケイプ)』が5月14日(水)、ソニー・ミュージックより発売!

ティンバランド、ロドニー・ジャーキンス、スターゲイトらトップ・プロデューサーたちが、マイケルの伝説的アーカイヴからの楽曲を「現代的」にプロデュースして完成させた最新作は、<One Sony>でのグローバル・キャンペーンの実施も決定!

2014年5月14日に、マイケル・ジャクソンの3年半振りの “ニュー・アルバム“、『XSCAPE(エクスケイプ)』がソニー・ミュージックよりリリースされることが決定した。

『XSCAPE』は、米エピック・レコードがマイケル・ジャクソン・エステートの協力のもと、世界中から愛されているミュージック・アイコンにしてキング・オブ・ポップ=マイケル・ジャクソンの”新しい”音源を集めたフル・アルバム。本作は8曲の新しいトラックで構成されており、全曲が世界未発表の“新曲”。究極のファンのために用意されるデラックス・エディションには、8曲の“新曲”の原型である、マイケルのオリジナル・レコーディング素材8曲も追加収録される。 『XSCAPE』はスタンダード・エディション、デラックス・エディションともに5月13日に世界で一斉に発売となる(日本は5月14日)。また、本日4月1日よりiTunes Storeにて予約注文の受付が開始されている(http://smarturl.it/XSCAPEjp)。

『XSCAPE』のエグゼクティブ・プロデューサーは、エピック・レコード会長でCEOのL.A.リードが務めた。リードは、エステートがマイケルのアーカイヴの初期調査をおこなった後、マイケルのヴォーカルが完成した状態の、40年間分の素材への完全アクセス権を与えられた。

リードがキュレーションをおこなった最終的な曲目リストが各プロデューサーたちのもとに届けられ、そしてそれらが、マイケルらしさを十分に備えた完全な作品として、同時に新鮮かつ現代的なサウンドとして完成させられたのである。このプロセスをリードは「コンテンポライズ(現代化)」と呼んでいる。アルバムのリード・プロデューサーであるティンバランドは、マイケル作品を手がけるのにふさわしい力量、深さ、幅広さを持ち合わせているとリードが判断した一握りのプロデューサーのうちの一人だった。そのほかには、ロドニー・ジャーキンス、スターゲイトといった世界的ヒットメーカー達や、ジェローム “Jロック” ハーモン、ジョン・マクレーンといった面々が顔をそろえた。

「現代の音楽、音作りは、マイケル・ジャクソンが世界に残した圧倒的な功績がなければ全く違ったものになっていたはず」と、リードは言う。「今回、マイケルと実際に仕事をしたことのある、あるいは生前彼が一緒にやってみたいと言っていたプロデューサーたちのヴィジョンを借りて、マイケルが残したいくつかの音楽的パフォーマンスを形にしてお披露目できる事は、我々にとって大変な名誉だと思っているよ。この音楽を世界のみんなと共有できる事は、誇りであり、栄誉だね」

アルバムのタイトルも、マイケルがとっていたネーミングの手法に則って名付けられた。マイケルはアルバムのなかの一曲の題名をいつもアルバムタイトルとして採用しており、『THRILLER』以降、すべてワンワードの、どこか尖がったタイトルとなっている。本作もそれに準じている。マイケル・ジャクソンとジャーキンスによる作曲、プロデュース作品である「Xscape」 は、このアルバム中唯一、マイケルと共にスタジオに入り、オリジナル・バージョンのレコーディングに立ち会ったプロデューサーによって “コンテンポライズ(現代化)” された曲ということで、際立つものがあると判断された。

マイケル・ジャクソン・エステートの共同執行人であるジョン・ブランカとジョン・マクレーンは、 「マイケルは常に最先端を進み、いつも新しいプロデューサーと仕事をし、新しいサウンドを発見することに積極的だった。彼はいつも的確で、まさに『今』そのものだった。今回完成したトラックは、いろいろな意味でその心意気を受け継いだものになっていると思う。このヴィジョンを生み出してくれたL.A.リードに感謝の意を表したい」 と語っている。

『XSCAPE』は、長らく待たれていたエキサイティングな新しい音楽であり、長年のマイケル・ファン全員を興奮させることは間違いないばかりか、初めて彼の作品を耳にする新しいジェネレーションをも虜にするだろう。更に、『XSCAPE』の発売と合わせて、エピック/ソニー・ミュージックではこれまでにない広がりを持つキャンペーンの実施を決定。「One Sony(ワン・ソニー、ひとつのソニー)」の旗印のもと、ソニー株式会社、ソニーモバイルコミュニケーションズ株式会社、そしてソニーネットワークエンタテインメントインターナショナルが力をあわせて全世界でキャンペーンを展開していく。

「マイケルはこれまでも、ソニーの大切な一員でした」と語るのはソニー株式会社社長 兼 CEOの平井一夫だ。「1979年の 『オフ・ザ・ウォール』以来、マイケルの作品はすべてソニー・ミュージック・エンタテインメントから発売されています。今回、彼の最新作を「One Sony」で一丸となり、盛り上げていけることは大変うれしく、また名誉なことと思っています。マイケルのファンの皆様には、ソニーの製品やサービスとの今後のコラボレーションを通じて、特別な体験をご提供したいと思っています。」
*********************

前作『Michael』がいわくつきだっただけに、今回はどうなるのやら(-"-)
“コンテンポライズ(現代化)”という言葉が気になるなあ…
8曲だけかあ…
マイケルのゴーサインのないミキシングかあ…
ジャケ写のマイケルがデジタル処理されすぎな気が…

なんてボヤキを見事に裏切ってくれるアルバムであることを期待したいと思います。

詳細情報はこちら
http://www.michaeljackson.com/
HMV

なんてことはないティーザー


収録曲 Slave To The Rhythm が使われている Xperia Z2 from Sony
皆さんもうよくご存知ですよね(^_^;)


ミキシングについてはまた話題にしたいと思います。

(by マンミラ堂店主)

banner.png
関連記事
スポンサーサイト

category: ■ Michael Jackson マイケル情報

thread: 最新音楽ニュース - janre: 音楽

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://manmirado.blog.fc2.com/tb.php/28-77316e63
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

Profile

Category

新着記事

月別アーカイブ

最新コメント

RSS

Visitor

My Favorits

Questionnaire

Ranking

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。