05«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

マンミラ堂-MJとWuauquikuna、ときどきナダルの日々-

カテゴリから記事一覧が表示されるようになりました。


マイケルのディナー・ジャケットとネイティブ・アメリカン 

マイケル・ブッシュ氏『キング・オブ・スタイル: 衣装が語るマイケル・ジャクソンの世界』のフライヤーにも使われている、ミニチュアのスプーンやナイフがジャラジャラついたジャケットはマイケルの衣装の中でも異彩を放っています。

The_King_Of_Style0.jpg
(※このフライヤーはお台場のI LOVE MJ SHOP、中野のBLOXで入手可能です。 by MJ Dance Party事務局さん)

デンジャラス期の写真でも着用していますが、主にはプライベートで賓客をもてなす時に使用された、その名も「ディナー・ジャケット」
後ろ見頃にもびっちり飾りが施されており、ちょっと重かったのではないかな?
硬派なデザインに、手で無造作にキュッとしばったかのような赤いリボンの腕章がオシャレ
The_King_Of_Style9.jpg  The_King_Of_Style10.jpg 


このジャケットを見ると思い出すのが、ネイティブ・アメリカンのお祭り「パウワウ(Pow Wow)」で女性たちが着る沢山の鈴がついた衣装。
パウワウの祭りでは様々踊りが披露されるのですが、ステップを踏むたびにシャンシャンと鈴が鳴るという仕掛け。
powow2.jpg
(画像ソース:椰子がなくちゃ生きていけない//野中ともそBlogさん)


そして北米インディアンだけでなく、ボリビアのネイティブの衣装にもスプーンが縫い込まれたものが見られます。
おそらく豊穣の意味合いが込められているのでしょう。

tinku.jpg


という訳で、今日は南米ボリビアのお祭りで演奏される「ティンク(tinku)」というジャンルの一曲をご紹介します
スプーンの女の子は1:23辺り~に登場します。


演奏はボリビアのカラマルカ(Kalamarka)でした。
ティンクについては別途記事にしたいと思いますが、ノリが良くて元気が出ますね!

それにしてもマイケルのディナー・ジャケットは、マイケルらしい洒落と自らの血筋をうまくミックスした作品だと思わずにはいられません。

(by はるばる~来たよボリビア~♪ マンミラ堂店主)


関連記事
スポンサーサイト
web拍手 by FC2

category: ■ Michael Jackson マイケル関連書籍

thread: 男性アーティスト - janre: 音楽

tag: ネイティブ・アメリカン  ティンク 

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://manmirado.blog.fc2.com/tb.php/260-addd7dc1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

Profile

Category

新着記事

月別アーカイブ

最新コメント

RSS

Visitor

My Favorits

Questionnaire

Ranking