09«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

マンミラ堂-MJとWuauquikuna、ときどきナダルの日々-

カテゴリから記事一覧が表示されるようになりました。


スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

category: スポンサー広告

コメント: --   トラックバック: --   PageTopへ

ウアウキクーナ、2015年のライブ始まる! 

ついに始動しました、ウアウキクーナの2015ライブ。
例年どおり、サンクトペテルブルクの公園です。

ホルヘは昨年から別の仲間と組んでライブ活動をしており、なかなか兄弟揃っての演奏が聴けないのがちょこっと寂しくもありますが、元気な姿を見ることができてうれしいです。

ただ、愛娘のナイラちゃんがまた病院に入ってしまったようで、親子離れての生活はつらいことと思います。
映像を見ると、表情から何となくそういったことが感じられて心配になりますが、キレのある踊りと一生懸命さはいつもどおりのホルヘです。

今回の曲は「Dance Of The Iron Horse」です。
Iron Horseというのは、もともとは19世紀初頭の英国で発明された蒸気機関車の文学的表現でしたが、後に北米でも「汽車」を意味する俗語として定着しました。

映画『ジェロニモ』(1993年/米)にもネイティブ・アメリカンたちが走ってくる汽車を指してそう呼んでいる場面が出てきます。
「鉄の馬」とはうまい表現ですが、アメリカにおいてはネイティブ・アメリカンと白人との幾たびに及ぶ抗争の歴史をも物語る言葉なのです。

ところでこの「鉄の馬」、海の向こうの話だけかと思いきや、小樽市総合博物館にもアメリカから輸入された1909年製「アイアンホース号」がデモンストレーションで運航しているのですね。
ironhorse.jpg
(画像ソース:汽車・電車1971~さん

ホルヘ達が演奏するこの曲も、機関車がシュシュシュシュと煙をあげて、当時としては驚くようなスピードで走ってくる様が目に浮かぶようなナンバーとなっています。

現在のところ、曲の作者や背景について詳しいことは分かっておりません。映画のサントラなどあたってみたのですが、ごめんなさい(^_^;)
そして、ホルヘがんばって!私たちがついていますよ


https://youtu.be/txpxSDHGZEQ


(by マンミラ堂店主)


関連記事
スポンサーサイト
web拍手 by FC2

category: ■ ウアウキクーナ CD・ライブ情報

thread: 男性アーティスト - janre: 音楽

tag: Wuauquikuna  エクアドル  ネイティブ・アメリカン 

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://manmirado.blog.fc2.com/tb.php/234-6180ddda
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

Profile

Category

新着記事

月別アーカイブ

最新コメント

RSS

Visitor

My Favorits

Questionnaire

Ranking

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。