07«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

マンミラ堂-MJとWuauquikuna、ときどきナダルの日々-

カテゴリから記事一覧が表示されるようになりました。


スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

category: スポンサー広告

コメント: --   トラックバック: --   PageTopへ

『大統領の執事の涙』(2013/米)を見ながらマイケルを思う 

先日、『大統領の執事の涙』を見ました。 
マイケルにインタビューしたオプラ・ウィンフリーも主人公セシルの妻役として出演していて、そこからしてマイケルを思わずにはいられません。


あらすじは・・・

黒人差別が日常で行われていた時代のアメリカ南部。
幼いセシル・ゲインズは、両親と綿花畑で小作農として働いていた。
しかし、ある事件で親を失い、ハウス・ニガー(家働きの下男)として雇われる事に。
「ひとりで生きていく」
努力の末、見習いから高級ホテルのボーイになった青年は、
その仕事ぶりが認められ、遂にはホワイトハウスの執事となる。
キューバ危機、ケネディ暗殺、ベトナム戦争……
アメリカが大きく揺れ動いていた時代。
気づけば、歴史が動く瞬間を最前線で見続けることとなったセシル。
ホワイトハウスの執事として求められるもの、それはその空間の“空気になる”事。
国を揺るがす重要な会議に立ち会えば、存在を消して仕事をこなし、
黒人として大統領から質問をされれば、「求められる回答」で答え、
いつでも忠実に働き続ける。
心の中には黒人としての、そして身につけた執事としての“誇り”を持ちながら。
その姿が歴代大統領や共に働く仲間の信頼を勝ち取り、
さらには世間の【黒人への意識】を変えるきっかけともなっていく。
「世の中をよくするために、父さんは白人に仕えている」
彼の仕事に理解を示しながら、寂しさを募らせる妻。
父の仕事を恥じ、国と戦うため、反政府運動に身を投じる長男。
その兄とは反対に、国のために戦う事を選び、ベトナムへ志願する次男。
大統領の執事でありながらも、夫であり父であったセシルは、
家族と共にその歴史に翻弄されていく。
激動の時代の中、彼が世界の中心・ホワイトハウスで見たものとは?
そして人生の最後に流した、涙の理由とは―。 (公式サイトより)


直接的にマイケルが登場する訳ではありませんが、「政治家のいわば側近として見た黒人史」という新しい視点で描かれた本作は、マイケルがアメリカ社会でどう生きたかを客観的に見ることができるのではないかと思います。

印象的なシーンは主に2つありました。

ひとつ目は、レーガン大統領。
青少年の模範的存在としてホワイトハウスに招待された当時のマイケルはあまりにも有名ですが、一方のレーガンは当時南アフリカのアパルトヘイトを擁護する立場もとっていた訳で、国内向けの顔と外交政策とには大きな隔たりがありました。

Reagan_Michael.jpg

レーガン大統領とマイケルについては、FOEVER MICHAEL さんのブログで見ることができますが、そうした中でのマイケルとは一体何であったのだろう?と少し複雑な気持ちにさせられます。

ちなみに、レーガンの妻・ナンシーをジェーン・フォンダが演じていて、これまたソックリで流石という感じ。
彼女といえば『We Are The World』のビデオで案内役を務めており、ここでも密かなマイケル繋がりを感じてしまいました。

二つ目のシーンは、主人公セシルが大統領の晩餐会にナント賓客として招かれる場面。
黒人の執事仲間が給仕する姿を見て落ち着かないセシルは「招かれる側と給仕する立場では全く違う。皆、白人向けの顔をして給仕している」と独白します。

マイケルの古巣Jackson5が属したモータウンも白人向けの黒人音楽産業と当時揶揄されましたが、そうせざるを得ない社会の動きというものが立場が変わることによって鮮明になるのは意義深くもありジレンマでもあり、マイケルも何かに引き裂かれるような思いを抱きながら歌い続けてきたのだとしたら心が痛む思いです。

黒人史を扱った映画としては、セシルの独白を中心に淡々と展開していく静かな作品と言えますが、見終わった後は一人の人間のしなやかな強さと少しの安堵を感じました。
たまにはこういう角度からマイケルを見てみるのもアリではないかなと思った次第です(*^_^*)

(by マンミラ堂店主)


関連記事
スポンサーサイト
web拍手 by FC2

category: ■ Michael Jackson マイケルと映画

thread: 映画情報 - janre: 映画

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://manmirado.blog.fc2.com/tb.php/211-6d250afa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

Profile

Category

新着記事

月別アーカイブ

最新コメント

RSS

Visitor

My Favorits

Questionnaire

Ranking

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。