06«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08

マンミラ堂-MJとWuauquikuna、ときどきナダルの日々-

カテゴリから記事一覧が表示されるようになりました。


ウアウキクーナの Sisa and Inti (花と太陽) 

いやぁ~、ウアウキクーナの記事も久しぶりです
ずっと書きたくてウズウズしていました!

マイケルの Scared Of The Moon に引き続いて、今度はウアウキクーナの“太陽の歌”をご紹介します。

タイトルは Sisa and Inti (シサ・アンド・インティ)、インカの言葉ケチュア語で「花と太陽」という意味です。(and だけ英語で変だけどねw)


日本で有名なエクアドルのフォルクローレ・グループ SISAY(シサイ)の名前も、このSisaの動詞形で「花開く」という意味です。ウアウキクーナのライバルだわ(なんつってw)
ちなみに、このSISAYのメンバーで南米を代表するケーナ奏者でもあるアマド・マイグアさん、「恋するフォーチュンクッキー」の動画にも出演なさっているんですよ


さて、「花と太陽」とは自然を愛するインディヘナ(南米の先住民)らしい、とても明るくかわいい歌です。
多くのグループが演奏している、定番の曲のようです。

Sisa and Inti で検索すると、歌詞の代わりに、Inti Sisa というエクアドルのホテル(トリップアドバイザーでは高評価!)がヒットするところを見ると、彼らにとって大変ポジティブな意味をもつ言葉だということが分かります。

そもそも、「インカ」自体が「太陽の子、部族の王」を意味していたんですものね

ケチュア語の歌詞のため、具体的にどんなことを歌っているのかは現時点では分からないのですが、リズムからいって、エクアドル起源の曲ではないかなと想像します。

軽快なリズムとデュエットの掛け合いが、常春のエクアドルの穏やかな日差しを感じさせてくれます

マイケルの歌う月の光とは正反対の Sisa and Inti 、それでは、いってみよ~

CD音源はこちら



昨年のライブ映像から

(左から: おしゃれなカルロス、元気いっぱいすぎるネストール、歌もうまいホルヘ、彼らのお父?さん)

兄弟は他にも、エンリケとファビアンがいますので、いつかメンバー紹介もしたいと思っています。乞うご期待


(by 3連休は晴れるといいですね。マンミラ堂店主)


関連記事
スポンサーサイト
web拍手 by FC2

category: ■ ウアウキクーナ 曲紹介

thread: 男性アーティスト - janre: 音楽

tag: Wuauquikuna  エクアドル  ネイティブ・アメリカン 

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
#  [2015/12/20 00:22] edit

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://manmirado.blog.fc2.com/tb.php/144-2d71bd10
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

Profile

Category

新着記事

月別アーカイブ

最新コメント

RSS

Visitor

My Favorits

Questionnaire

Ranking