07«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

マンミラ堂-MJとWuauquikuna、ときどきナダルの日々-

カテゴリから記事一覧が表示されるようになりました。


スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

category: スポンサー広告

コメント: --   トラックバック: --   PageTopへ

心も躍る♪ウアウキクーナの‘Ponchito’ 

夏本番ということで、Wuauquikuna(ウアウキクーナ)の‘Ponchito’をご紹介

Ponchitoとはスペイン語で「ポンチョ」の意味ですが、その語源はインカ時代に遡るとも言われています。もちろん、アンデスの人々が着ているポンチョのことですよ。

この曲は、エクアドルの代表的な「サンフアニート(San Juanito)」と呼ばれるリズムで、聴けば自然に体が動き出しちゃうダンス音楽です。
「サンフアニート(San Juanito)」は「聖ヨハネ」を意味するスペイン語ですが、このリズム自体はインカ帝国の昔から受け継がれてきたもの。もともとあった夏至祭とキリスト教由来の聖ヨハネの日(6月24日)とが結びつき、特にこの祭りで踊る音楽をいうそうです。

日本では、夏至というと梅雨まっただ中で、なんとな~く過ぎていく一日ですよね。ああ、これから日が短くなっちゃう、とか思って。
でも、エクアドルをはじめとした南米の先住民インディヘナにとっては最大のお祭り「インティ・ライミ(太陽の祭り)」が開かれる時期なのです。(ケチュア語でインティ=「太陽」、ライミ=「祭り」の意)

そうそう、歌手のナオト・インティライミさんの芸名もこのお祭りから採ったそうですよ

アンデス山麓では、ちょうど夏至の頃がトウモロコシやジャガイモといった作物の収穫期で(アンデス高地は1年を通じて常春の気候なんですよ~毎日が春ですよ春~)、その年の豊作に感謝して翌年の豊穣を祈る大切な行事なのだそうです。そして夏至から2週間~1か月の間、みんなで歌い踊るのだとか

そんなエクアドルの香り満載の Ponchito!

まずはCD音源をどうぞ♪




でもやっぱり踊らないとね!
ってなわけで、ウアウキクーナ兄弟のオリジナルのダンスでどうぞ♪
音質に難がありますが、ダンスがgoodな動画をチョイスしました。

何がすごいって、キレのある踊りをしながら難しいケーナを吹いていること!
例えていったら尺八吹きながら踊るようなものです。肺活量どんだけー!?


(左から…物静かなカルロス、可愛いネストール、笛に踊りに才能溢れるホルヘ、彼らのお父さん)


(by かけ声担当チビケル。それでは皆さんもご一緒に!イッシャ



関連記事
スポンサーサイト
web拍手 by FC2

category: ■ ウアウキクーナ 曲紹介

thread: 男性アーティスト - janre: 音楽

tag: Wuauquikuna  エクアドル  ネイティブ・アメリカン 

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://manmirado.blog.fc2.com/tb.php/113-b0d91d41
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

Profile

Category

新着記事

月別アーカイブ

最新コメント

RSS

Visitor

My Favorits

Questionnaire

Ranking

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。