04«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»06

マンミラ堂-MJとWuauquikuna、ときどきナダルの日々-

カテゴリから記事一覧が表示されるようになりました。


マイケルに詩を捧げたマヤ・アンジェロウさん死去 

2009年7月7日、マイケルの追悼式で詩を捧げてくれたマヤ・アンジェロウさんが亡くなったとのこと。

以下、GQ の記事から引用*********

1969年上梓の自伝『歌え、翔べない鳥たちよ』で知られる黒人女性作家・詩人のマヤ・アンジェロウが死去した。享年86歳。

アンジェロウは1928年にミズーリ州で生まれた。出生時の名前はマルグリット・アン・ジョンソン。当時、黒人差別の根強い南部では、黒人が公共施設を利用することを禁じるジム・クロウ法を制定する州が多く、ミズーリもそんな州の一つだった。隔離された黒人だけの社会で育ったマルグリットは、母親の恋人による性的虐待など、苛酷な少女時代を過ごす。若くして未婚の母となり、コックやダンサーとして働きながら子供を育て、30代にさしかかったときにマヤ・アンジェロウ名義で文筆活動を始める。そして黒人の地位向上を目指す運動に身を投じ、マーティン・ルーサー・キング・ジュニア(キング牧師)らとともに公民権運動の担い手として精力的に活動した。

*********引用終*********

追悼式では、歌手のクイーン・ラティファが壇上に立ち、彼女の詩を代読しました。ラティファは、Jackson5の頃からマイケルが大好きだったと「ダンシング・マシーン」の振りをまねて、悲しみにくれる会場を和ませてくれました。そして、悲しみをこらえながらアンジェロウの詩を力強く読み上げました。


Beloveds, now we know that we know nothing
Now that our bright and shining star can slip away from our fingertips like a puff of summer wind
Without notice, our dear love can escape our doting embrace
Sing our songs among the stars and walk our dances across the face of the moon
In the instant we learn that Michael is gone we know nothing
No clocks can tell our time and no oceans can rush our tides
With the abrupt absence of our treasure
Though we our many, each of us is achingly alone
Piercingly alone
Only when we confess our confusion can we remember that he was a gift to us and we did have him
He came to us from the Creator, trailing creativity in abundance
Despite the anguish of life he was sheathed in mother love and family love and survived and did not more than that
He thrived with passion and compassion, humor and style
We had him
Whether we knew who he was or did not know, he was our’s and we were his
We had him
Beautiful, delighting our eyes
He raked his hat slant over his brow and took a pose on his toes for all of us and we laughed and stomped our feet for him
We were enchanted with his passion because he held nothing
He gave us all he had been given
Today in Tokyo, beneath the Eiffel Tower, in Ghana’s Blackstar Square, in Johannesburg, in Pittsburgh, in Birmingham, Alabama and Birmingham England, we are missing Michael Jackson
But we do know that we had him
And we are the world.

※いずれ和訳を載せます。
ソース:MJVIBE

2010年になってアンジェロウ本人が読み上げた映像がこちら


追悼式は生中継を見ましたが、マイケルの名誉を挽回すべく力強いスピーチの数々でした。時差の関係で日本では真夜中から朝にかけての放送、しかも平日とあって、その週はドリンク剤を飲んで頑張った記憶があります。
追悼式の詳細を知りたい方は、ブログ踊る大香港さんでどうぞ。
web拍手 by FC2
関連記事
スポンサーサイト

category: ■ Michael Jackson マイケル誕生日と命日

'Chicag' について~シナトラの'Chicago'とマイケル~ 

「Chcago」と検索してここにいらっしゃる方が意外と多いことから、今回はこの曲について触れてみたいと思います。

「Chcago」といえば、今回のマイケルの「Chicago」よりよく知られた別曲があります。
1922年にフレッド・フィッシャーが作曲したジャズの名曲で、フランク・シナトラをはじめ多くの歌手がレコーディングしている曲。
南部の黒人がシカゴに移ってきたことでこの地にもジャズが根付き、主に白人のプレイヤーの演奏による「シカゴジャズ」が花開いたのが1920年代でした。



~Lyrics~
Chicago, Chicago, that toddling town
Chicago, Chicago, I'll show you around, I love it
Bet your bottom dollar, you'll lose the blues in Chicago
Chicago, the town that Billy Sunday couldn't shut down
シカゴ、シカゴ、千鳥足の町
シカゴ、シカゴ、愛する街を君に見せよう
間違いなくシカゴブルースのとりこさ
シカゴ、ビリー・サンデー(※禁酒法成立に一役買った伝道師)も止められなかった町

On State Street, that great street, I just want to say
They do things that they don't do on Broadway
They have the time, the time of their life
I saw a man, he danced with his wife in Chicago
Chicago, my home town
偉大なるステート·ストリートよ、私は言いたい
ブロードウェイではできないことがここではできる
自分らしい人生を生きる時間がある
シカゴで彼の妻と踊る男を見たよ
シカゴ、私の故郷

(以下くりかえし)

自由できらびやかな町シカゴ。
" he danced with his wife in Chicago"と、わざわざ in Chicago をつける辺り、本当に妻なの?と思わないでもないです。
マイケルの'Chicago'を聴いてしまった以上は!!
往年の大歌手の持ち歌と同じタイトルで歌うというのは、やはり少なからずそのイメージを土台としているのではないでしょうか。

マイケルの'Chicago'は、人妻と知らず恋をする男の気まずく哀しい物語。シカゴへ向かう汽車の中で出会った二人。彼は大都市を前に痛い洗礼を受ける地方出身の青年だろうか?

CDのライナーノーツによると、マイケルはこの曲をいたく気に入り、レコーディング先のN.Y.に飛んで行ったといいます。
シカゴの町が持つ物語性にマイケルは惹かれたとともに、おそらくそこに永遠の人ダイアナ・ロスと自分の関係性を見出していたのではないでしょうか。

映画「アンタッチャブル」に代表されるマフィアの町でもあったシカゴは、フィルム・ノワールが大好きだったマイケルにはたまらない舞台設定だったに違いありません。
フランク・シナトラとも面識のあったマイケルならなおさらのことでしょう。




web拍手 by FC2
関連記事

category: ■ Michael Jackson マイケルの楽曲・SF

thread: 音楽的ひとりごと - janre: 音楽

ビルボード音楽賞のマイケルへの反応 

兄のジャッキーが、いわゆる“ホログラム”マイケルを見て「美しかった」と肯定しているのに対し、ライオネル・リッチーは複雑な心境になったようです。
ライオネル・リッチー、マイケル・ジャクソンのホログラムに仰天の記事の中でリッチーは、記憶の中のマイケルに留めておきたかったと語っています。「マイケルの記憶がよぎってしまったことで、そのパフォーマンスを楽しめなかった」とも。楽しめなかったの!?そりゃいけねぇ。

同じアメリカ人で同じ業界人であっても感じ方は様々なんですね。当たり前といえばそうなのですが、二人の違いは亡きマイケルのどこに比重を置いているかということではないかと思います。
ジャッキーは家族としてのマイケル、リッチーはアーティストとしてのマイケル。おそらく、リッチーのイメージとこのパフォーマンスのマイケルは大きく違っていたのでしょう。でもファンから見れば、それだけ彼はマイケルのいろいろにひたむきな姿を知っていたのだろうと、ホッとするというか、リッチーのマイケルに対する優しい眼差しを感じます。

ところで、マイケルがアップになって「歌って」いる姿、映画「アナと雪の女王」でエルサが歌う口元と何となく似ている・・・。ピーターパンとともにマイケルもディズニーキャラの一員になる日が来たりして!などと思ってしまいました。


ロッド・スチュワートの「モータウンソング」(1991年)にカメオ出演しているマイケル。
motownsong1.jpg

ちょっといじられているマイケルですが、この曲についてはまたいつか触れたいと思います。


(by マンミラ堂店主)

web拍手 by FC2
関連記事

category: ■ Michael Jackson マイケル情報

thread: 男性アーティスト - janre: 音楽

6月のSTVラジオ(札幌)で 'Xscape'パワープッシュ! 

KANさんが、ご自身のブログ『かわいいブログ』で「マイケル ?」と題して日記を書いていらっしゃいます。
可愛いガールに扮しているブログなので、ご存じない方はびっくりされるかもしれませんが、その中でKANさんがパーソナリティーをつとめる札幌のラジオ番組について触れてまして

地域限定になってしまいますが、札幌エリアのマイケルファンの方に朗報♪
6月のSTVラジオ「KANのロックボンソワ」で 'Xscape' がパワープッシュされます!どの程度のプッシュかはKANさんのさじ加減にかかっているので分りませぬが、ぜひお聞きになってみてください!

時間は 
 毎週土曜 24:00~25:00

お便りのあて先は 
メール: kan@stv.jp
お便り: 〒060-8705 札幌市中央区北1条西8丁目
      STVラジオ KANのロックボンソワ 
       
ですよ~♪

初回は6月7日(土)ですね!
KANさんのマイケル談義を聞かれた方がいらしたら感想聞きたいなぁ

(by マンミラ堂店主
web拍手 by FC2
関連記事

category: ■ Michael Jackson 番組情報

thread: 最新音楽ニュース - janre: 音楽

'Xscape'の所感② Speed Demon になぞらえて 

逃げろー 。゜ ____
.∧,,∧+゚・゜o  ヽ=@==ノ まてーい!
(`ω´=)=    (`ω´U)
.O┳Oノ)= ̄―  .O┳Oノ) (⌒≡=
◎┻し'◎ ̄   ◎┻し'◎(⌒≡=


____
ヽ=@=/
( ・∀・ )
m9 У O
.(フ=◎=)
. (_)_)
そこの君、生き急ぐなんてスピード違反だぞ!
天寿をまっとうするのが法定速度だ!!



speeddemon-1.jpg

所感というか…、ああもっと生きててほしかった。
マイケル~~(;O;)うわ~ん

(by 一同)
web拍手 by FC2
関連記事

category: ■ Michael Jackson マイケル周辺・雑感

ビルボード音楽賞のマイケルはホログラムじゃなかった!? 

USA TODAY によると、ホログラムと言われていたマイケルの映像は実はそうではなく、違う技術に拠っているということです。これまたびっくり。
デジタル映像会社のPulse Evolutionが手がけたということで、下の動画でもCEOのフランク・パターソンが語っています。

現在4Kのテレビが最先端のように言われていますが、マイケルのSlave To The Rhythmはなんと8Kのカメラが使われたとのこと。そんなカメラがあるのですか?(@_@)
まず、黄金の背景と背後のダンサーを撮影し、その後に1990年代初頭のマイケルをコンピューターで合成したといいます。
そして、パフォーマンス当日はステージ上に6台のプロジェクターとスクリーンを設置してマイケルを映し出し、観客には立体的な姿に見えるという仕組みだったようです。

☆ Meet the conjurers of Michael Jackson's ghost

☆ Jackson mirage heralds future of posthumous shows

あまりに専門的すぎてチンプンカンプンですが、それならばなぜホログラムと宣伝されたのでしょうね。
それにオールマイケル自身の合成だとすれば、舞台のマイケルはなぜあんなに面長で短足wなのでしょうね。(スクリーンの角度によって、映し出される映像がかすかに屈折していた?)
てか、こんなに早くイリュージョンの種明かししちゃっていいの~?

こちらは背後のダンサー撮影時の動画。
この撮影の一部が、2月のエクスペリアのCMに使われたと思われます。


(by 英語が同時通訳できなくてごめんなさい。マンミラ堂店主)
web拍手 by FC2
関連記事

category: ■ Michael Jackson マイケル情報

thread: 最新音楽ニュース - janre: 音楽

日曜美術館「鈴木空如」再放送のお知らせとチャート情報 

先週放送された、bluetreeさんご親族の画家・鈴木空如の再放送は以下のとおりです。
見逃した方はせひ♪
     Eテレ 5月25日(日) 20:00~21:00


◆今週のチャート情報
Love Never Felt So Good(Michael Jackson & Justin Timberlake)
   ビルボードThe Hot 100…9位(最高位)

アルバムXscape
   ビルボード200…2位(初登場、以下同)
   Top R&B/Hip-Hop Albums部門…1位
   R&B Albums…1位
   The Official U.K. Albums Chart…1位
   ※世界52か国でナンバー1、87か国でTop5入り

web拍手 by FC2
関連記事

category: ■ マンミラ堂の四季 美術展情報

thread: art・芸術・美術 - janre: 学問・文化・芸術

アルバム 'Xscape' 所感 

ビルボード音楽賞のホログラム・マイケルに驚かされたその晩、マイケルの夢を見ました。
他人の見た夢なんぞ荒唐無稽でご興味ないかもしれませんが、記してみようと思います。

BAD期あたりと思しきマイケル。
元気そうな表情なのに、聖骸布のような血のにじんだ布に身を包み、担架で運ばれてくるマイケル。ペプシのCM撮影で火傷を負った時のようなイメージ。
何人かのファンがマイケルの登場を今か今かと待っており、姿を現すやいなや握手を求めて殺到する。
私も思わず走り寄り、これだけ沢山のファンがいるのだからムリかもしれないと思いつつもマイケルに手を伸ばす。
マイケルは沢山のファンに囲まれてうれしそうに微笑みながら、私にも握手をしてくれた。横になったままの姿勢で、一人ひとり漏らさずに握手するマイケル。その手はつやがあって温かかった。


幸せな気分で目覚め(オメデタイ人間です^^;)、夕方仕事から帰ってくると公式発売日より1日早く'Xscape'が届いていたので若干驚きました。
xscape.jpg

自分なりに夢の内容を紐解くと、アルバムの内容については複雑な心境のマイケルだけれど、ファンが変わらずマイケルを愛していることに対しては最大限に応えたい、というところでしょうか。

CDはさっそくオリジナルから聴きました。
各曲のいきさつがよく分かるブックレットでしたが、カラーのアートワークはいま一つ。マイケルの顔に折れ線がくるようなレイアウトって、愛がないよね。。。しかも写真はこれだけかい?

さて、今回の楽曲はマイケルが初めから最後まで通しで歌っているものに限定されて選曲されているため、完成度も割と高く、8曲と少な目でも聴きごたえ十分。

Slave to the Rhythm や Do You Know Where Your Children Are は、どちらも女性(後者は少女ですが)の置かれた理不尽な状況が第三者の視点から歌われていて、マイケルにしては珍しい印象を受けました。これまでの歌に多いのは「(マイケルを)裏切る女性像」でしたから。
どちらも音楽的にはとても優れているけれど、生前のアルバムのイメージに合わなかったのだろうということは納得。

そして最後にタイトルトラックのXscape。
LA.リードの采配か偶然か、女性の境遇 → クソくらえな世界からの逃亡、この展開に思わずイプセンの戯曲『人形の家』を連想せずにはいられませんでした。

もちろん、Blue GangstaやChicagoなどで通常路線(笑)を行きつつ、Love Never Felt So GoodやA Place With No Nameのハッピーなメロディラインが散りばめられ…
しかし、今にして思えば、Blue Gangstaの歌詞は、アルバムInvincible以前からRemixアルバムを出すことを強要したソニーや、音楽業界が特定層に牛耳られていると述べていたマイケルの失望にも聴こえます。

また、Love Never Felt So Goodなど、ネット上でオリジナルとして出回っていたものとは異なる曲もありましたね。
DVDを見るまでは、そうだったのね~くらいにしか感じませんでしたが、プロデューサーしか登場しない手前味噌な映像を見終わって邪念が。

何テイクも歌っている曲もある訳ですが、一体何を基準にどのテイクが採用されたのかということ。
穿った見方かもしれませんが、まさか、現代化バージョンを引き立たせるために、意図的に未完成っぽいデモっぽいテイクを選んでいないでしょうねと。
クインシー・ジョーンズも、「みな金の後をついて回っている」と辛口な発言していますしね。ビルボード誌

今回の主要なプロデューサーはマイケルと制作を共にしてきたわけだし、100歩譲って肯定的にとらえるならば、昔の絵画や工芸の世界のように“工房制作”といってもいいかもしれないと、チラッとは思いました。チラッと。

もうマイケルの新作に、生前のワクワク感を求めることはムリだということを今まで認めたくなかったけれど、今回「マイケルに夢を見させてもらうポジションは終わったんだ」と悟りました。
マイケルがよく言っていた言葉――「みんな自分の才能をいかして世の中に貢献するんだ」が今さらながらに現実味を帯びました。

これから聴きこむほどに感想は変化するかもしれませんが、現時点で感じたことをまとめてみました。
皆さんはどのような感想を持たれましたでしょうか?

(by マンミラ堂店主)




web拍手 by FC2
関連記事

category: ■ Michael Jackson マイケルの楽曲・SF

thread: 男性アーティスト - janre: 音楽

たまげた!マイケルパフォ Slave To The Rhythm @ ビルボード音楽賞 

※ 5/20 18:55 追記&動画を公式のものに差し替えました。

うほほ~♪ こんなことができるんですねぇ!
会場の皆のあっけにとられた表情と同じ顔になっていたと思います。

大日本印刷さんのサイトによると、
「ホログラムとは、レーザーを使って記録した立体画像のことです。より厳密には、レーザーを使って物体から反射した光の波形(干渉縞)を感光材に記録し、立体画像として再生する技術のことをホログラフィといい、ホログラムとはこの技術を応用した製品のことです。」
とのこと。へ~~。お札だけじゃないんだ!

幻となったThis Is Itのチケットもホログラムが採用されていたし、マイケルもよく知っていた技術なのかもしれないですね。
パフォーマンスの制作に半年かけたという今回のマイケル、日本の技術も一役買っていたらうれしいですが、実際どうなんでしょう(*^。^*)



それから口と歌詞はどのようにアフレコしたんでしょう?マイケルにしては若干足が短いようにも感じたけれど、オールマイケル?このキレキレの動きはBAD~Dangerou期のマイケル?等々、疑問は尽きません。
おなじみの玉座がKING降臨にぴったりでした。

ビルボードのサイトによると、この曲が『Dangerous』のためにレコーディングされたものであったことから、ステージの演出もデンジャのアートワークにならったとのこと。
しかも、マイケルのこのパフォーマンスのためだけに特設ステージを作ったということです。

ところで、ホログラムのマイケルは、シルク・ド・ソレイユのイモータルツアーで Man In The Mirrorにも登場していました。


この「イモータル」の振り付けをしたのが、マイケルはじめ数々のアーティストを手掛けた振付師の リッチ&トーン・タローガ兄弟で、今回のビルボード音楽賞も彼らが携わったそうです。
また、同じくシルクの別公演「ONE」の制作にあたったジェイミー・キングも参加しています。
VEVO版の動画で見ると、デンジャラスのステージングというより多分にシルクの要素を感じますね。

彼らは1995年のMTV Video Music Awardsや1997年のヒストリーツアーにも関わっており、マイケルのイメージはこの頃の髪形や服装を参考にしている、ということは、私の予想より後なんですね。

高校時代からマイケルと仕事をしてきたというトーン・タローガによると、マイケルの動きを研究し、手の角度や頭の傾きを調整していったといいます。「パフォーマンスは典型的なマイケルだけど、そこに我々のスパイスをプラスしたんだ。」ということです。

確かに刺激的でした!

(by 制作秘話がもっと知りたいマンミラ堂店主)

web拍手 by FC2
関連記事

category: ■ Michael Jackson マイケル情報

thread: 最新音楽ニュース - janre: 音楽

日曜美術館(5/18)bluetreeさんご親族の画家・鈴木空如 

Twitterで、bluetreeさん(言わずと知れたマイケルのインパーソネーター)よりお知らせがありましたので、ご紹介します。
nichibi.jpg

おおお!

鈴木空如は明治6年秋田県の生まれ。
特定の画壇に属さず、仏画師として法隆寺金堂壁画の模写に20年以上を捧げた画家。ソースはこちら。
地元の有志に支えられて、画壇に属さずとも画家として活動できたとのことですが、それだけ個人のサポートを得られたということは、才能だけでなく人柄も素晴らしい方だったのでしょう。「空如」という名前からも、仏教への深い帰依と信念を感じます。

明治維新後、全国に吹き荒れた廃仏毀釈は法隆寺にも波及し、荒廃した寺院の維持のために仏像などを皇室に買い上げてもらうなどして乗り切りました。
その後、東京美術学校の祖となる岡倉天心やフェノロサによる調査を経て、昭和9年にようやく大修理が行われたわけですが、修復中の昭和24年1月26日に金堂が焼失する憂き目にあいます。
(余談ですが、これを機に文化財保護法が制定され、現在も国宝などの文化財施設では1月26日に防災訓練を行っているですよ。寒ひ…)

空如は昭和7年~11年にかけて、これら金堂の壁画を模写しています。
明治大正時代の仏教美術が置かれていた状況、空如の人生、志、法隆寺の壁画を選んだいきさつなどに注目して見たいと思います。
番組サイトはこちら

展覧会は、「法隆寺の祈りとかたち」と題されて、東京藝術大学美術館で開催中です。
会期と会場:
 ◆東京藝術大学美術館  6月22日まで
 ◆新潟県立近代美術館  7月5日~8月17日

出展目録を見ると、大部分が法隆寺所蔵のお宝ですが、鈴木空如の模写は故郷・大仙市の所蔵となっています。作品がどのような変遷をたどってきたのかも興味を引きますね。

bluetreeさん、ステキなお知らせをありがとうございます!

(by 奈良が大好きマンミラ堂店主)

web拍手 by FC2
関連記事

category: ■ マンミラ堂の四季 美術展情報

thread: 美術館・美術展情報 - janre: 学問・文化・芸術

Profile

Category

新着記事

月別アーカイブ

最新コメント

RSS

Visitor

My Favorits

Questionnaire

Ranking