05«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

マンミラ堂-MJとWuauquikuna、ときどきナダルの日々-

カテゴリから記事一覧が表示されるようになりました。


本日(7/15)!NHK「アナザーストーリーズ」にマイケル登場 

マイケルが更なるスターダムにのしあがったあの日の秘話が放送予定です。

ファンなら誰でも知ってることだけど、加えてマイケルのムーンウォークの起源にはパントマイムなど諸説あるのは承知の上で、ダイアナさんとビートルズも一緒だし、どんな番組構成になっているか興味のあるところです。

NHK_another_stories_20150715012359302.jpg

なんかさ、ダイアナさんの話題はゴシップじゃないかい!とツッコミたくなりますが(-_-;)


マイケルのモータウン25周年記念ライブはこちら
ああ、若いのぅ・・・


(by 夜9時までに夕飯食べてお風呂入って、忙しいな マンミラ堂店主)


web拍手 by FC2
スポンサーサイト

category: ■ Michael Jackson 番組情報

thread: 男性アーティスト - janre: 音楽

本日(12/20)7:30-8:00 「サワコの朝」で関根真理がマイケルとの思い出を語る 

当日のお知らせになって申し訳ありません。TV番組情報です!(日本マイケル・ジャクソン公式ファンクラブさんより)

■ 放送日:本日(12/20)7:30-8:00  「サワコの朝」

■ 内 容: ゲスト:関根麻里(タレント) 関根が選ぶ「記憶の中で今もきらめく1曲」は、マイケル・ジャクソンの「Heal the World」。インターナショナルスクールに通っていた小学生の頃、来日したマイケルの公演でステージに立ち、一緒に歌った思い出の曲だ。

sawako-no-asa.jpg


とのこと 
私もインターナショナルスクールに通っておくんだった・・・(そこかいっ)

録画予約したので、面白かったら後日記事をUPしたいと思います。



(by マンミラ堂店主)



web拍手 by FC2

category: ■ Michael Jackson 番組情報

thread: TV番組 - janre: テレビ・ラジオ

再放送(11/6)「影の男 ~マイケル・ジャクソンが認めた振付師~」 

昨年放送されたのでもうご覧になった方も多いと思いますが、念のためお知らせです。

スムーズ・クリミナルの振り付けを担当したヴィンセント・パターソン氏のドキュメントです。

マイケル一色のドキュメンタリーという訳ではありませんが、スムクリのあの複雑な振り付けシーンを垣間見ることができるのはうれしいです。

また、1959年生まれでマイケルと1歳違いの彼は、Beat It(ギャングのボス役)、Thriller、Blood On The Dance Floor(演出) の制作にも携わっており、長年にわたってマイケルの信頼を得ていたことがうかがえます。


放送日
11月6日 木曜深夜 0時00分~0時50分

■ 概要
マイケル・ジャクソン、マドンナなど、超一流アーティストのステージやビデオを手がけてきた振付師ヴィンセント・パターソンが、シルク・ドゥ・ソレイユの公演「ビバ・エルビス」で新たな境地に挑む。業界人や家族のインタビューをまじえ、知られざるポップス界の仕掛け人の仕事とその素顔に迫る。
パターソンは80年代の大ヒット曲「ビート・イット」のビデオにギャング役として出演した後マイケル・ジャクソンに「スムーズ・クリミナル」の振り付けを任された。また彼が手がけたツアーがマドンナをスターダムにのし上げたと証言する関係者もいる。スターを支える「影の男」であることが心地よいという彼は、華やかな芸能界を嫌い、勤勉で涙もろい一面を持っている。
総合演出に挑戦する彼の日記を縦軸に、「ビバ・エルビス」がラスベガスで披露されるまでを追う。マイケル・ジャクソンやマドンナ、ビョークとの仕事の回想では稽古の秘蔵VTRやステージ映像がふんだんに使われ、全編を通して躍動感あふれるパフォーマンスが見どころ。「これが最後の作品になるかもしれない。」パターソンは引退をほのめかすが、彼のダンスへの情熱は、決して冷めることはない。
vincent.jpg
NHK番組サイトより)



(by スムクリが踊れる人を尊敬しているマンミラ堂店主)


web拍手 by FC2

category: ■ Michael Jackson 番組情報

thread: TV番組 - janre: テレビ・ラジオ

「ケンブリッジ白熱教室」のマイケルについて 

先週金曜日の「ケンブリッジ白熱教室」、いかがだったでしょうか。

マイケルのことが知りたい人には物足りなかったかもしれないですね。マイケルを通して人生の意味を考えたい人には良かったのかなあ?

では、ちょっと長くなりますけど備忘録的にまとめてみようと思います。

戦々恐々とするサブタイトルでしたが、整形に関しては話の一部で触れられたものの、もっと大きな枠組みの中での話でした。そうだろうとは思いつつ、「美と醜悪の現象学」 って煽ったテーマ名だったなぁ(-。-)y-゜゜゜。まだまだマイケルを好奇な目で見る人向けなんだろうか?

それはさておき、マーティン教授はマイケルを好意的にとらえ、曲目なども引き合いに出しながら私たちに生きるヒントを示そうとしてくれた講義だったと思います。

*****

ネバーランドで子どもたちと過ごしたマイケルは児童虐待呼ばわりされたが、マーティン教授によればそれはエロティック(性的)なものではなく「ゼロティック」、つまりプラトニックなものだった、というところから講義は始まる。

僕は子供たちと一緒にいるのが好きなのです。子供たちは、(中略)僕らがもはや、感動することを忘れてしまったようなことに対しても感動するのです。とっても自然で、しかも自己中心的ではありません。(『ムーンウォーク』P288)

マイケルが最も大事に考えていたことが、ルソーの『エミール』との共通点をもって冒頭で示されたのは、かゆいところに手が届くようでした。

前半は、「マイケル・ジャクソンの新プラトン主義」ということで、ルソーやワーズワースとともにマイケルの言葉を紐解き、私たちが抱く理想に到達できず、苦しみながら生きている現実が示されました。

社会的な規則の中で、子どもはそれを乗り越えようとする存在だという訳です。でも、私たちはすでに人生で失ったものを取り戻すことができない。
(ここでマイケルのデビュー曲 I Want You Back が例に出る。この曲のもともとのタイトルが『自由になりたい』だったのも興味深い。)

マイケルの整形も、それ自体がどうこうという話ではなく、
整形=社会的な理想形に近づこうとしたマイケルの姿であり、一方、子どもたちと過ごすことで規範を乗り越えようとしたのだという一例として挙げられました。

そして今回のテーマ「美と醜悪」、プラトンのイデア論が有名ですが、美しいと感じるからそれを人は「理想形」と認識するのだと定義されます。
プラトンに言わせれば、理想形は生まれる前か死後にしか存在しない、つまり美しさとは幻想である。生きている間は理想形について考えるな、だそうです。

ということは、美とは反対の醜さが、私たちに残されたすべてなのか?

*****

ということで、後半は、自身も外見に強いコンプレックスをもっていたことで知られるサルトルを引き合いに、醜さについて考えていきます。

サルトルは書くことで自信をもち、醜さは取るに足らないものと言うようになりますが、それまではただ鏡に映った自分を見ているだけだった、というところでマイケルのマンミラが紹介されました。

マンミラがどういう経緯や意図で作られたかは承知の上で、学生さんからは「理想形からの脱却を図るというふうにも読めるのではないか」といった意見が出されました。ほお~そういう見方もあるのか。マイケルにも聞いてもらいたかったな。
ここまで考えてみると、「理想形」は実は理想じゃなくて煩悩?

ところで、サルトルは人はどんな時に「美」に到達できるのかを述べています。それは、自分が「モノ」化している時(自己客体化)。マイケルでいうと、ステージで手袋やマイクといったアクセサリーなどを身に付けた時だと。

モノ化というと言葉は悪く聞こえますが、サルトルが言いたいのは「実在(=マイケル)がついに本質(=才能溢れるパフォーマー)になり意味を帯びる」ということです。

*****

ここで私はマイケルのHIStoryの歌詞を思い出しました。
「皆がそれぞれ毎日歴史を作っていく。兵士は栄光の中で死ぬ」
という部分です。
戦争反対のマイケルが、なぜ「兵士は栄光の中で死ぬ」などと歌うのか、長い間疑問に思っていました。兵士の本質=戦い(の末の死)だから?

マーティン博士が理想の一要素である「崇高」について、「一時的な理想形であって、ある状態とある状態の間で不安定な状態にあるという感覚」と話すのを聞いて、マイケルの深い意図を感じずにはいられませんでした。ここでの「栄光」とは、「崇高」を主体的に言い表したものだと私は解釈しました。

しかし、その「崇高」とは音楽やダンスにも垣間見えるものと博士は言います。
前に進むと見せかけて後退するムーンウォークもいわは「不安定な状態」。そこに私たちが見出す神々しさ。

「スピンをしてつま先で静止したままでいたかった。でも思ったようにはうまくいかなかった。」というマイケルに、博士はレナード・コーエンの「チェルシー・ホテル」の一節を贈って講義を締めくくっている。

「気にしない。私たちは醜い。でも、私たちには音楽がある」

ええ、ええ。私たちにはマイケルがいる。

(by 文字ばっかりでごめんなさいのマンミラ堂店主)







web拍手 by FC2

category: ■ Michael Jackson 番組情報

マイケル、Eテレの哲学番組で“まな板の鯉”になるらしい 

半年ほど前に、美と醜とゴースト という記事を書きましたが、似たようなタイトルを見つけてびっくり。

今週の金曜日、Eテレの「ケンブリッジ白熱教室」でマイケルが俎上に載るそうです。 テーマは「美と醜悪の現象学」 。

私はゴーストのショートフィルムから、美醜とは相反するようでいてどちらにも肯定的な意味合いがあり、マイケルは巧みにそれを表現しているということを書きました。が、今回の放送は「醜」ではなく「醜悪」となっているのが気にかかります。

先に概要をどうぞ

hakunetsu.png
■ 放送日
Eテレ 2014年10月17日(金) 午後11:00~午後11:55(55分)

■ 番組の概要
ケンブリッジ大学のアンディ・マーティン博士がおくる実存主義講座。現役大学生たちを相手に大胆な仮説や思考実験を駆使して、現代人の悩みや矛盾の解決方法を探ります。

■ 詳 細
1209年創立、長い歴史と伝統を誇る世界的な名門ケンブリッジ大学で、いま注目を集めているアンディ・マーティン博士の特別授業。第2回の「美と醜悪の現象学」では、マーティン博士は、古代ギリシャのプラトンや自分の容姿に強いコンプレックスを抱いていたサルトルの哲学を用いて、世界的なポップスター・マイケル・ジャクソン、そして、私たち自身が追い求める「理想の姿」、美に対する執着と苦悩について考察します。


読んでわかるとおり、マイケルを知るためではなく、マイケルを題材に自らの姿を省みようという試み。おそらく、マイケルが繰り返した鼻の整形に焦点が当たるのは想像に難くありません。
(以下、そのように仮定して記しています。実際の放送内容が全く別の切り口でしたらごめんなさい。)

マイケル、まな板の鯉にされるのか!?
マイケルをよく知っていないととんでもない結論にたどり着く予感がします。

父ジョーや兄弟たちからデカ鼻とからかわれたことがマイケルの中では大きなウェイトを占めていたと思うので、「美を追求した」というより「父親からありのままを認められ、血のかよった関係を築きたい一心」だったように思うのですが、その辺りをマーティン博士はどのように捉えるのでしょうか。

ただ、哲学があらゆる前提を疑うのだとすれば、これまでマイケルにまとわりついてきた先入観なしに論じられるのではないかという、ほのかな期待を抱いて見たいと思っています。

また、サルトルは「弁証法」を用いた哲学者です。「弁証法」とは、古くからある対話方法の一つです。

すごく大雑把に言いますと、ある事柄に相反する事柄を対比させ(今回は美と醜悪)、どちらが正しいかを問うのではなく双方にどのような側面があって互いがどう関係しているのかを対話によって深めていく方法です。
あらゆる事象には矛盾を含んでいるという訳です。長所が短所にもなり得るという例が妥当か分かりませんが、伝えたいイメージはそんな感じです。

なので、ちょっと期待をもってもいいかなあと思った次第です。

(サルトルや弁証法に関するオススメのサイト)
書評空間
「正」「反」「合」による思考の深化

とはいえ、ニュートラルな視点でマイケルを見るというのは、ファンにはつらいかもしれませんね。マイケルだって人間だもの。(みつを)

(by マンミラ堂店主)


web拍手 by FC2

category: ■ Michael Jackson 番組情報

thread: TV番組 - janre: テレビ・ラジオ

NHK 「LIFE!」でマイケル、コントのネタになるらしい 


NHKの「LIFE!」という番組でマイケルネタが放送されます。

ちなみに

「LIFE!」は「人生」をテーマとする新しいコント番組。
毎日を懸命に生きようとするからこそ突き当たる人生の“可笑しさ”や“哀しさ”を、さまざまな設定やキャラクターのオムニバスコントでつづります。
観れば少しだけ、生きることが楽しくなる?そんな番組です。(公式サイトより)



マイケルが「人生」のテーマとどう絡むんでしょうか!

◆ 放送日: 2014年7月31日(木) [総合]  夜10時00分~10時43分

◆ 演目: 「スーパースター ~2割引き~」
 
 (あらすじ)スーパーで惣菜を手に取ろうとするOL。
  そこへやって来た主婦に『まだ早い』と止められる。
  すると、店内が急に騒がしくなり・・・。

nhklife.jpg

 (出演者)内村光良、田中直樹、西田尚美、星野源、石橋杏奈、塚地武雅



Check it out!  公式サイト

(by 西友で買い物中のマンミラ堂店主)


web拍手 by FC2

category: ■ Michael Jackson 番組情報

thread: TV番組 - janre: テレビ・ラジオ

6月のSTVラジオ(札幌)で 'Xscape'パワープッシュ! 

KANさんが、ご自身のブログ『かわいいブログ』で「マイケル ?」と題して日記を書いていらっしゃいます。
可愛いガールに扮しているブログなので、ご存じない方はびっくりされるかもしれませんが、その中でKANさんがパーソナリティーをつとめる札幌のラジオ番組について触れてまして

地域限定になってしまいますが、札幌エリアのマイケルファンの方に朗報♪
6月のSTVラジオ「KANのロックボンソワ」で 'Xscape' がパワープッシュされます!どの程度のプッシュかはKANさんのさじ加減にかかっているので分りませぬが、ぜひお聞きになってみてください!

時間は 
 毎週土曜 24:00~25:00

お便りのあて先は 
メール: kan@stv.jp
お便り: 〒060-8705 札幌市中央区北1条西8丁目
      STVラジオ KANのロックボンソワ 
       
ですよ~♪

初回は6月7日(土)ですね!
KANさんのマイケル談義を聞かれた方がいらしたら感想聞きたいなぁ

(by マンミラ堂店主
web拍手 by FC2

category: ■ Michael Jackson 番組情報

thread: 最新音楽ニュース - janre: 音楽

告知! マイケル関連TV番組 5/9(金)グレーテルのかまど(Eテレ) 

GWもいよいよ最終日。
皆さま、いかがお過ごしでしたか?

マンミラ堂の近所では、町(村!?)の神社のお祭りがあり、小さい子供に混じって焼き鳥やポップコーンを買って雰囲気を味わってきました。
マイケルは日本の縁日って経験したことあるのかなあと思いながら。

きっとマイケル、ポップコーンのカップ片手に、綿あめのお店の前で はしゃいで釘づけだよね。
そんでもって射的でヒートアップしたかと思うと、ねじり鉢巻きで焼き鳥焼いてそう(いつのまにか香具師になってるw)
そんでもって神楽はスリラー、なんちゃって。

前置きはさておき、タイトルのとおり久々にマイケルがテレビで見られる!

Eテレの「グレーテルのかまど」は喫茶店を名乗るマンミラ堂としてもはずせない番組♪
放送時間は 5/9(金)21:30~ でっせ!
top_txt_time.jpg

テーマは
top_side_img_12.jpg

ストーリー・予告編
「ポップコーンは、専用のトウモロコシの種を乾燥させ、熱と油を加えることであの独特の食感が生まれる食べ物。米国の主食の一つでもあるトウモロコシが、長い年月を経て、娯楽に欠かせないおやつに変身を遂げたのだ。
希代の大スター、マイケルジャクソンの大好物でもあったポップコーン。その魅力はどこにあるのか?米国における誕生の歴史をひも解きつつ大スターをも魅了したその味に迫る!
甘くてカラフルな特製レシピも紹介する。」
公式サイトはこちら

とのこと!皆さんお見逃しなく~♪
popcorn.jpg

(by マンミラ堂店主)


banner (7) にほんブログ村 音楽ブログへ
web拍手 by FC2

category: ■ Michael Jackson 番組情報

thread: TV番組 - janre: テレビ・ラジオ

Profile

Category

新着記事

月別アーカイブ

最新コメント

RSS

Visitor

My Favorits

Questionnaire

Ranking