09«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

マンミラ堂-MJとWuauquikuna、ときどきナダルの日々-

カテゴリから記事一覧が表示されるようになりました。


スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

category: スポンサー広告

コメント: --   トラックバック: --   PageTopへ

ヒストリーツアレポ (★) '96年12月15日(日)東京ドーム~セットリスト目次 

4/21 セットリスト詳細(3) アップしました

セットリスト詳細(1)
  1. Scream
  2. They Don't Care About Us
  3. In The Closet
  4. Wanna Be Starting' Something
  5. Stranger In Moscow

セットリスト詳細(2)
  6. Smooth Criminal
  7. The Way You Make Me Feel
  8. You Are Not Alone

セットリスト詳細(3)
  9. I Want You Back
  10. The Love You Save
  11. I'll Be There
  
セットリスト詳細(4)
  12. Billie Jean
  13. Dangerous
  14. Thriller
  15. Beat It
  16. Earth Song
  17. Black Or White
  18. Heal The World
  19. HIStory

97年のミュンヘン公演で披露された Blood On The Dance Floor はこの時まだ発売されていません。
こうやって書いてみると19曲もやっていたんですねぇ。

残念ながらジャパンツアーのまとまった動画が希少のため、1996年の1st Leg の中から似かよったものを交えて載せていきます。

(by マンミラ堂店主)
web拍手 by FC2
スポンサーサイト

category: ■ Michael Jackson ヒストリーツアーレポ

thread: 男性アーティスト - janre: 音楽

tag: HIStory 

ヒストリーツアレポ(5) '96年12月15日(日)東京ドーム~セットリスト詳細(3) 

しばらく、しばらく~(歌舞伎の「暫」風に)
ツアレポ中断していましたが、ひと冬越して再開します。

今日の選曲の3曲はこちら
9. I Want You Back
10. The Love You Save
11. I'll Be There

余談ですが、「選曲の3曲」とはご長寿番組「アド街っく天国」(愛川欽也さん…)のワンコーナーで、これ大好きでした
その時の放送に合わせた洋楽が3曲チョイスされるのですが、どれも歌詞が絶妙に内容と絡んでいて洋楽ファンが密かにバカ受けするコーナーでした。マイケルの曲も、BADやブラホワなどけっこう選ばれていたなぁ。
短い時間の中に、番組スタッフのセンスと博識ぶりを感じたものでした。


さてさて、本題です。

9. I Want You Back

マイケルは遠きにありて思うもの!? いえね、席が遠くって肉眼で見たマイケルのダンスは小さかったのです。それでもやはり、双眼鏡で見るよりも肉眼で見た方が場の雰囲気がいつまでも記憶に残るものですね。
そして、最後の掛け声(ちょっとだみ声で イ"ェイ"ェイ"ェイ"ェYeah Yeah Yeah Yeah~Na Na Na Na~I want you Back!)が想像以上にとてもライブっぽくて印象に残っています。



10. The Love You Save

I Want You Back から少し間をおいてこの曲が始まりました。このJackson5の三部作の中ではダンスが白眉。当時のメモ帳には「ダンスがよかった。」とだけ記されています。小学生の日記かいっ(笑)



11. I'll Be There

さぁさぁ期待の1曲。マイケルのファンになったばかりのウン十年前、何気なく I'll Be There を聴いていて「これ、マイケルの曲だったんかーーー!」と知った衝撃は今でも覚えています。素敵な曲だなと思っていたのが大好きなアーティストだったというのでとてもうれしかったですね。

今回のライブもデンジャラス・ツアーと全く同じ構成でしたが、涙で声を詰まらせる演出はパワーアップしていました。ジェームス・ブラウン的・湿っぽバージョンと勝手に呼んでいるのですが、観客のみんなが「マイケルー!」と歓声を上げ出すと目頭を押さえてひざまずいて肩を震わせています。Jackson5時代の曲でこれをやられると、その生い立ちを思って可哀想になっちゃってなっちゃって(泣き笑い)。ちょっと長げーよ、とも思ったけどねw
これは一見に如かずということで、動画をご覧ください。




「涙で後が続かない」マイケル



(by マンミラ堂店主)


web拍手 by FC2

category: ■ Michael Jackson ヒストリーツアーレポ

thread: 男性アーティスト - janre: 音楽

tag: HIStory 

ヒストリーツアレポ(4) '96年12月15日(日)東京ドーム~セットリスト詳細(2) 

昨日、NHKで「おしえて!ガッカイ 3日で若返りスペシャル」という番組を偶然見ました。

75~80代の方々が合宿し、30年前の自分と同じようにふるまうとどうなるかという実験をやっていました。その結果、筋力や視力などの身体の機能が向上し、実際に若返りが図られたそうです!
同時代を共有した仲間と過ごすのは、脳にとってとてもいいことだとか。

ちなみにこの番組は、明日(12/30) NHK総合で午前11時~再放送 されます。ご興味のある方はぜひ♪

私もこのツアレポを書くことによって若返るかしらん? ( ๑´艸` ๑) ムフフ
そんな訳で、今日は以下の3曲です。


6. Smooth Criminal
7. The Way You Make Me Feel
8. You Are Not Alone


6. Smooth Criminal

白ジャケットに水色のシャツというスムクリの衣装に金パンって結構合ってますよねズボンにインしなくてもいいように、水色シャツの裾が短くデザインされているのも面白い。

さて、今回はステージに登場するやいなや天井に向けて発砲し出したのでびっくり。「Oh~何事!?」と思っていると、天井から火花が右から左に向かって出て、次の瞬間 大きな白い布(スクリーン)がふわっと現れた。肉眼豆粒マイケルがスクリーンに大きなシルエットで映った。2階席から見たので、シルエットが少し歪んでいる。マイケルのダンス始まる。

前奏が終わるとスクリーンが天井中央に吸い込まれ、再び豆粒マイケル登場。ステージの間口と同じ大きさの、しかもやわらかい白布を毎回出し入れするのは大変だろう。
いつものダンサー4人に女性ダンサー2人も加わる。
5人1列になって踊るおなじみのダンスが繰り広げられ、“ムッシュかまやつ”もどきの投げる手榴弾の ドカーン!という音に驚く私。ブカレストのライブDVDでも驚いているお客さんがいましたが、この音が意外にも結構大きいんです。

最大の山場、ゼログラヴィティはもちろんコケたりしませんでした(笑)。おコケになった伝説の公演は確か12月13日か17日だったと思うのですが、動画を最後に載せておきます。マイケルごめんよ。
ラスト、倒れたバックダンサーをスタッフが引きずって運んでいくのが両脇の大スクリーンに映し出され、観客から笑いが起きた。こういうところで劇場にいるんだわと実感できる。


7. The Way You Make Me Feel

歌う前に、「I Love Tokyo! (たぶんここで♪さくら~さくら~と言ったと思われる) My favorite song! ヒッヒッヒ」と文字に表すのが難しい笑い声を交えて英語でコメント。「まい・ふぇいばりっと・そんぐって何ぞや?」と思っていたらこの曲が始まった。
おお!HIStoryの1枚目に収録された曲からも選んだということか!
女性ダンサーを追いかけて青シャツのマイケルがステージをあちこち走り回るので、客席のあちこちから歓声が上がった。間近な人がうらやましい。


8. You Are Not Alone

待ってましたと言わんばかりの拍手で迎えられたこの曲
マイケルの声がとてもよく聞こえ、しっとりとしたバラードが会場を包み込んだ。そしてもちろん、女性ファンを抱きしめて…
ちょっと複雑な気・持・ち

外国のライブだと、皆さん超積極的に抱きついたりキスしたりして警備員が引っぱがすのに難儀していますが、今回の女性ファンはとても小柄な方で、マイケルを前に腰が抜けていらっしゃいました。今にも気絶してしまいそうで、見ている方もハラハラドキドキ。マイケルが一生懸命抱きかかえながら歌っておりました。きっと一生の思い出になったでしょうね



3曲分の動画です。12/15のものではありませんが、東京ドームの公演です



(続)

(by マンミラ堂店主)


web拍手 by FC2

category: ■ Michael Jackson ヒストリーツアーレポ

thread: 男性アーティスト - janre: 音楽

tag: HIStory 

ヒストリーツアレポ(3) '96年12月15日(日)東京ドーム~セットリスト詳細(1) 

今日は最初の5曲。
※ ツアー時の動画を掲載しますが、残念ながらジャパンツアーのまとまったものがないため、1996年の1st Leg の中から似かよったものを載せていきます。

1. Scream
2. They Don't Care About Us
3. In The Closet
4. Wanna Be Starting' Something
5. Stranger In Moscow

1. Scream

マイケルもバックダンサーもピカピカに光る服を着ている。いやぁ、とにかく大音量なので慣れるのが大変だ。
それにしても、本当にマイケルのコンサートに来たのかなあと不思議な感じもした。それほど当時の私にとっては貴重で信じられない機会だった。

そんなことを考えて半ば放心状態でいたら、後になって「ジャネットのパートはどうやって歌っていたんだろう?」と思っても記憶が吹っ飛んでいてほとんど覚えていないことに気付いたのだった。

と、いう訳で見直してみたら、全編マイケルオンリーの構成でした。
ファンがこれを言っちゃぁおしまいよ、なのかもしれませんが、ヒストリーツアーでは口パクが増えてまして(汗)これもライブ用にアレンジされたもの。でもその分マイケルは踊るからね


2. They Don't Care About Us

映画 This Is It でもすっかりおなじみになった、とても素早い動きのダンス。舞台を移動する時は、おもちゃの行進のような足取りだ。
音はとても大きいのに、肉眼で見ると悲しいかな豆粒のようなので「本当に歌っているのかなぁ」と思ってしまった。(ねぇ、どうよマイケル?・・・ってヤなファンだなw)


3. In The Closet

They Don't Care About Us から繋がっているアレンジは意表を突いていて見事。この曲がコンサートで歌われるとは意外だった。といっても短めにアレンジしてあったけれど。スクリーンにマイケルのアップが映し出され、ちょうど"In the closet"の発音の仕方がよく分かった。あまり大きく口を開けていませんでしたよ。


4. Wanna Be Starting' Something

ライブの定番曲なので割愛(オイッ)。セクシャルなダンスと早いビートはいつもどおり。デンジャラスツアーのレオタード(というかフェンシングの衣装)の方がセンセーショナル度は高かった。今回の金パン姿はわりとお上品でございました。




5. Stranger In Moscow

アルバム HIStory の中で一番好きな曲なのでコンサートで歌ってくれてうれしかった。友人とも「孤独感が漂っているよね。」とリリース当初から話題になった曲だ。

これは静かなバラードなので、バックバンドの音に劣らずマイケルの歌声がよく聞こえてよかった。ステージの端から端を移動しながら歌い、隅にいるファンにもサービスしていた。

後で知ったことだけれど、東京ドームは本当に音響が悪い施設だそうで、音にこだわるマイケルにとってスタジアム公演というのは苦労もあったことと思う。




(続)

(by マンミラ堂店主)


web拍手 by FC2

category: ■ Michael Jackson ヒストリーツアーレポ

thread: 男性アーティスト - janre: 音楽

tag: HIStory 

ヒストリーツアレポ(2) '96年12月15日(日)東京ドーム~開演 

更新が遅くなってすみません!師走はホントあっという間に過ぎていきますね。

先日の「佐和子の朝」はご覧になれましたか?
関根麻里さんのお話によると、ステージに応募したらわりとすんなりパスしてしまい、しかも本番ではマイケルの隣で手をつないで歌ったとういうことです。

下の記事「本日(12/20)7:30-8:00 「サワコの朝」で関根真理がマイケルとの思い出を語る」で花束を渡しているのが、当時8歳だった彼女。

放送では、DVD「ライブ・イン・ブカレスト」の Heal The World がしばし紹介されました。
阿川さん曰く、「隣にいたら、マイケルの声もマイクを通したものではなく、本当の声が聞こえたでしょう?」と。
マイケルの声はとても優しかったと答えていらっしゃいました。

それでは、ツアレポの続きを。

*****

~開演前~

東京ドームに到着し、売店でパンフレットとポスターを買う。このとき買ったポスターは、なぜかBADツアーのシルバー衣装のマイケルだった。たぶん安かったんだと思う(苦笑)。

入り口で荷物検査を受け、席に着く。が、2階席なのでステージがおもちゃのようで驚いた。10倍ズームのバードウォッチング用の双眼鏡を持参して正解だった。

開演は6時からの予定だったが、6時半に延びたので待っているのが退屈だった。ラーメン屋のしょっぱいチャーハンのせいでのどが渇き、ウーロン茶を買いに行くと、たくさんの外国人や親子連れでとても混雑していた。

開演までの間、場内には大音量で様々なアーティストの曲が流れ、ステージでは7~8人のスタッフが準備をしている。その中に金ピカの衣装の人がいて、たぶんバックダンサーの一人だろうと思った。仲間同士、握手をしているスタッフもいた。

マイケルのBENが流れ終わると場内が暗くなり、英語のアナウンスが入った。いよいよ開演だ!


~オープニング~

ミュンヘン公演の映像で、皆さんすでにお馴染みのオープニングですね。

ステージ中央のスクリーンに宇宙船が映し出される。
金ピカの宇宙服に身を包んだマイケルらしき人物が映り、発射命令に従って操縦桿を引いた!

徐々にスピードをあげ、宇宙船はジェットコースターのようなレールを滑るように走っている。それが3Dぽくて、まるで自分が乗っているかのような臨場感があった。レールのサイドには、キング牧師やマイケルの少年時代の写真などが置かれている。

離陸してしばらく様々な風景の空間を飛んだあと、花火とともにステージ中央に本物の宇宙船が登場!扉が開くと、金ピカ宇宙服のマイケルが微動だにせず立っていた。これが、今回のマイケルの登場の仕方だ。なかなか凝っている。
スタッフが宇宙船の周りの花火の火の粉などをモップで掃除している間びくともしなかったので、後ろの席の人が「本当にマイケル?」と言うほどだった。

しばらくして「スクリーム」の前奏が流れ出し、マイケルが仮面と鎧を脱いで踊りだした。
MICHAEL JACKSON_0382

音がとても大きくて椅子が揺れる!双眼鏡を持つ手も震えてしまう。
『デンジャラス・ザ・ショートフィルム』でスタッフが「音を身体に感じるためさ( ̄ー ̄)ニヤリ」と言っていたのがどういうことか、やっと分かった。



(続)

*****

来日時の報道は、こんな感じでした。'93年の疑惑があっても、日本ではまだ好意的だったと言えるのかなと今になって思います。


それでは、また次回。

(by マンミラ堂店主)


web拍手 by FC2

category: ■ Michael Jackson ヒストリーツアーレポ

thread: 男性アーティスト - janre: 音楽

tag: HIStory 

ヒストリーツアレポ(1) '96年12月15日(日)東京ドーム~いよいよ当日 

12月といえばクリスマス。
クリスマスといえば遊園地。
遊園地といえば後楽園。
後楽園といえば東京ドーム。
東京ドームといえばマイケルのコンサート

マイケルは、18年前の昨日(12/11)来日しました!
そして18年前の本日は、タワーレコードにお出かけになりましたw
(日本滞在中のマイケル・プライベートは、Legend Of Moonwalkさんの1996年 来日レポート へ。)

という訳で、唯一行くことのできた'96年12月15日(日)のライブについて、当時のメモを加筆修正しながらレポートしたいと思います。
おそらく、何度も行かれている方には退屈な内容かもしれませんが、その時の臨場感を共有できたらと思います。よろしければお付き合いください

(↓パンフレットとツアレポノート♪きっとすぐには映像化されないだろうと、ライブを必死に思い出して綴ったw)
2014121122340000.jpg

当時、京都で学生をしていたため、東京でのコンサートは時間的にも経済的にも厳しいものがありました。仲間に唯一マイケルファンの友人がいたのですが、やはり同じ理由で彼女は行くことを断念。

一人でライブに行ってもつまらない、かといってマイケルファンは他にいない。とうとう、家族で行っちゃえ~!ということに相成りました。そうと決まるまでに少し時間を要したのでチケットは2階席になってしまいましたが、でもしかしだって●△×■※?@、初めて生マイケルに会えると思うと、それはそれは夢のようでした。

今日は、東京ドームへ向かう道すがらの模様を。

********

午後4時半ごろ、東大向かい側の「ラーメン堀川」で食事をし、タクシーを拾って東京ドームへと向かう。

運転手さん曰く、「今日はドームで何かあるのかい?」
父:「ええ、マイケル・ジャクソンのコンサートが」
運:「へぇー、あんなもののどこがいいのかねぇ。」
母:「(わざと)そうそう、どこがいいのかねぇ (*^^)vウシシ」

運:「いくらしたんです?」
父:「9,000円です。」
運:「じゃ、9,000×3で27,000円ですか。そんなものに円(¥)払って、まあ!」
母:「(わざと)そう、お正月の餅代つぎ込んできたの(*^^)vウシry」
 
ってな会話が続き、5分くらいで東京ドームに到着。
ドームの隣は後楽園遊園地なのでにぎやかで、イルミネーションがきれいだった。東京に出かけることはあっても、ドームは今回が初めてだった。

いよいよ、マイケルのコンサートをこの目で見るんだと思うとワクワクした!!

********

(次回へ続く)

(by マンミラ堂店主)




web拍手 by FC2

category: ■ Michael Jackson ヒストリーツアーレポ

thread: 男性アーティスト - janre: 音楽

tag: HIStory 

ヒストリーツアーの舞台裏を綴ったレア動画  

本題に入る前に、全米オープンの速報です!
錦織選手がジョコビッチに勝って決勝進出を決めました!!
ユニクロブラザーズと呼ばれるこの二人、今回は錦織君に軍配が上がりました(^O^)

今日のセンターコートは超満員で、多くの声援が飛び交うなか、あのマイケル・ジョーダンや俳優のブルース・ウィリスも観戦する豪華な試合となりました。

ジョコビッチも調子は悪くなく、サーブは時速190キロ位を出してバンバン決めていましたが、どんなボールでも打ち返してしまう以前のようなしぶとさが見られませんでした。
特にラリーになると、錦織選手の球威や強力なフォアハンドで勝負を仕掛ける技が上回りました。

予想ではフルセットまでもつれこむかと思いましたが、35℃の猛暑の中、セットカウント3-1で勝負がつきました。
錦織選手は、フェデラーかチリッチ(クロアチア)の勝者と9月11日(の早朝)に優勝を争うことになります。

・・・(追記)おおお!なんと、フェデラーがストレートでチリッチに敗れるという波乱が!
ランキングは第10シードの錦織 vs 第14シードのチリッチということになりました。最後まで気は抜けませんが、優勝の可能性は大いにありますので期待しましょう!


*****


さてさて!18年前の今日、9月7日はチェコのプラハでヒストリーツアーが始まった日です
ヒスツアは、世界35か国58都市82公演が約1年をかけて行われました。日程詳細

82公演か…。これを思うと This Is It の50公演がいかに大規模なものだったか分かりますね。たとえ会場が一つだったとしても。

マイケルのアルバムでどれが好きかと聞かれたら、それは甲乙つけがたいものですが、ヒストリーが一番好きなのと唯一行ったツアーということでヒスツアには特別な思いがあります。

当時、京都に住んでいた私。当然大阪にも来てくれるだろうと期待していたら、東京と福岡のみの公演ということで行かれるかどうか微妙でしたが、ぎりぎりでチケットを取り何とか行ってくることができました。(よって席はかなり後ろになり、ちっさいマイケルを拝んできました。www)

マイケルは常々「もうツアーは最後にしたい。映画をやりたい。」と発言していましたので、今回を逃したら次はないかもしれない、そんな思いもありました。今となってはそれが本当になってしまい、残念でなりませんが

ところで、Badとデンジャラスのツアーはメイキング映像が沢山あり、当時のショートフィルムにも収録されたりしていますが、ヒストリーツアーのそれはなかなか見る機会がありませんでした。

コアなファンの方ならもうすっかりお馴染みかもしれませんが、最近やっとそのフルバージョンを知ることができたのでご紹介したいと思います。

セッションプレーヤーの面々の練習風景では、ビリー・ジーンのベースが聞こえただけでワクワクがよみがえり、ドラムスのモフェットの髪型に笑い、This Is It と変わらぬオルテガの監督ぶりに目を見張り、何度もステップを確認するマイケルにしびれますwww

せっかくこれだけの映像があるのだから、ヒストリーのショートフィルム集にも収めてほしかったなと思わずにはいられません。
ただ、1993年の虐待疑惑で強力なスポンサーだったペプシが降りてしまい、ヒストリーツアーの開催はそれまで以上に困難だったことは容易に想像できます。

いろいろな意味でマイケルの復活となったヒストリーツアーの裏側に、レッツ・ゴー!

(映像が途中から始まる場合は、お手数ですが巻き戻してご覧ください<(_ _)>)


映像の冒頭、飛行機の到着から始まるところが定番ですね!(^^)!
全編のBGMが、カラオケを含んだ「ヒストリー」というのも一緒に歌えてwすごくいいです。


(by 追い追いツアレポも書きます。マンミラ堂店主)


web拍手 by FC2

category: ■ Michael Jackson ヒストリーツアーレポ

thread: ライブ - janre: 音楽

tag: ヒストリーツアー  全米オープン  HIStory 

サプライズ・バースデーのマイケル(HIStory Tour 1997 in コペンハーゲン) 

(※ヒストリーツアーレポのカテゴリにしましたが、私は東京ドームしか行ったことがございません。念のため。)

ファンの間ではあまりに有名なサプライズ・バースデーのマイケル。涙ぐむマイケルの姿に、こちらもウルッときてしまいますね

その時の様子をファンショットで見ることができます。
You Are Not Alone の終盤からどんな風にサプライズが展開されるかがよ~く分かります。

ステージショットとマイケルのナレーションつきでこの部分だけまとめられた動画もありますが、私はこのファンショットの方が臨場感があって一緒にマイケルをお祝いしているような気持ちになれるので好きです。

(25分52秒~) 頭出しがメンドクサイ方はこちらからどうぞ


日本のツアーはいつも秋~冬だったから、このようなサプライズはうらやましい限りです。仮にサプライズがなくても、マイケルの誕生日にライブを見られるというのは貴重な機会です。

この舞台裏の話がないかと思っていろいろ探しているのですが、私の鈍いアンテナのせいか今のところ見つかっていません。
その代わりといっては何ですが、♥ Michael Jackson You Rocked Our World ♥さん(Facebook)からいただいたサプライズ・マイケルの画像をいくつか載せてみます。(時系列)

さあさあ、ケーキが来ましたよ~♪ くぅ!泣けるぜ!
birthday01.jpg 
ヤバい。メイクが落ちるす・・・
birthday02.jpg 
とりあえず、ひざまずいて、と。 (お決まりのポーズだし
birthday03.jpg 
いない、いない、ばあ ああ、でも涙が…上を向ぅいて~
birthday04.jpg 
マイケル感激
birthday05.jpg 
幸せを、しばし堪能
birthday06.jpg 
みんな ありがとう ここはしっかりご挨拶
birthday07.jpg birthday08.jpg 
わ~い 食うぞ~
birthday09.jpg 
ゴチになりやした
birthday10.jpg

マイケルは、きっと今年もバースデーを楽しみにしているんじゃないかな

(by 新作ケーキを考えるマンミラ堂店主)






web拍手 by FC2

category: ■ Michael Jackson ヒストリーツアーレポ

thread: ライブ - janre: 音楽

tag: MJ誕生日  ヒストリーツアー 

Profile

Category

新着記事

月別アーカイブ

最新コメント

RSS

Visitor

My Favorits

Questionnaire

Ranking

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。